僕がスウェーデン留学を目指していた頃、「スウェーデン」というワードを出すと決まって返ってきた言葉が、「ABBA やん!」でした。

そして、そう返答してきた人の10割がオーバー50の人達でしたので、間接的にいかにこの ABBA というスウェーデン人ポップグループが、黄金時代に人気だったのかを知る機会になりました。

ストックホルムで結成された音楽グループ ABBA は、70年代〜80年代にかけて世界のポップミュージックシーンで多大なる成功をおさめた、誰もが知る伝説のスウェーデン人グループです。

彼らは1974年から1982年まで世界中の音楽チャートで首位を獲得し、ポップ音楽界で最も成功したグループの1つになりました。

いや、間違いなく No.1 です。本国を代表する著名なアーティストとして、今日でも広く語り継がれています。

スウェーデンには、そんなレジェンドを奉る博物館がストックホルムに存在し、観光客を楽しませるエンターテインメント性の高い場所として人気を博しています。

ストックホルム観光予定の方は是非チェックしておいて下さいね。



 ABBA THE MUSEUM

ABBA The Museum は、Scansen(動物園)や Nordiska museet(歴史博物館)のある島にある、その名の通り ABBA が残してきた記録を保存したミュージアムです。

“島” と言っても、市街地から徒歩でアクセス可能で、美しい港の風景が味わえますので、散歩がてらに歩きで訪れられるのが良いかと思います。

 博物館

「綺麗な大きい黄色の建物が遠くから見えたら、そこが ABBA THE MUSEUM だよ」と言っても良いくらいの、立派な出で立ちをしたビルで、明らかに他のミュージアムとは雰囲気が違います。

エントランス正面が ABBA 博物館の入り口で、チケット購入や事前予約したチケットをもらう場所へとつながっています。

チケットは、

  • 大人:260 SEK
  • 子供(7-15才):95 SEK
  • 家族(大人2人、子供2人):595 SEK
  • 学生/シニア:185 SEK
  • オーディオガイド:20 SEK

*オンライン購入は大人 250 SEK、学生チケットはオンラインのみの購入

となっています。

値段は少々高めです。内部のアトラクションは VR、当時使っていた楽器や衣装などの展示、映像による ABBA の歴史回顧など退屈するものではありません。

同じく有名なヨーテボリの VOLVO MUSEUM と比べると、かなりエンターテイメント性は高いと思われます。

 ギフトショップ

そして、MUSEUM の入り口の左側にあるが ABBA のギフトショップ。ものすごい種類の ABBA グッズが取り揃えられており、ABBA にそこまで興味がない人も十分楽しめる場所です。

僕自身も ABBA にはそんなに興味はなく歌を知ってる程度ですが、初めて訪れた時気づけばこちらのショップに30分くらい滞在してしまいました。

唯一欲しいと思ったこちらのポスターは、どうやら売り物ではなかったようです。

その他にも ABBA がライブで使用していたデザインの薄手のガウン(誰が買うねん!)、ABBA と書かれたボトルの水、MAMMA MIA デザインのマグカップなど購買意欲をそそられるものが多いです。



 写真撮影

そして忘れてはいけないのが、ABBA メンバーの顔がくり抜かれた本人達の写真ボード。こちらはミュージアムのすぐ外に数台用意されているので、是非顔を入れて記念撮影しましょう。

小さいサイズから等身大バージョンまで、良い旅の記念になりますね。

ちなみに、このあたりは ABBA THE MUSEUM や STHLM Music City が拠点を置くように、音楽と深く関わりのあるエリアのようです。

そのため、この近辺では音楽関連のイベントもよく催されており、無料で参加することが出来ます。市街地の街歩きに飽きてきた方、この辺りをぷらぷらしてみてはいかがでしょうか?

スウェーデンミュージックの文化を知る良い機会になるかもしれませんよ。