前回、ストックホルム史上最長にして最大規模の大都市開発、The Slussen Project について取り上げました。

「僕これ見るの楽しみにしてます」的な、暇つぶしに近い記事だったにも関わらず、予想に反してアクセスが多く若干引いてます …

LINK【近未来に変身】スウェーデン・ストックホルムの大都市開発

きっと「おもろないメディア」と認識されたことでしょう。

ところで、留学ページの職務経歴書編で触れたように、僕は一時期現場仕事をしていたことがあります。

現場監督とかではなく、とてつもなく厳しい重工業の工場などで、肉体労働(コンクリートをはつったり、etc)に数年間従事していました。

LINKスウェーデン留学 from A to Z

そのためか、他国へ行くとその国の建設業界の事情(人材、給料、業界の特性)が、気になって仕方ありません。

その内容や持論を語り出すと、どうしても最終的に、この国の政治家・官僚への批判になってしまいます。

ですので本日は僕が撮った、スウェーデン建設業界の現場や、人の写真をチラ見せします。

ニーズが低いのは分かってますよ(ニヤリ)。



 Slussen

念の為、今ストックホルムが街をあげて取り組んでいる大都市開発プロジェクト、Slussen の場所を共有しておきます。

人気エリア、旧市街地ガムラスタンとセーデルマルム島をつなぐ場所で、ストックホルム街ブラ計画に必ず入れるべき地区です。

こちらが今後、人が行き来しやすい場所へと変貌するようです。

詳しくはこちらの記事にまとめております。

LINK【近未来に変身】スウェーデン・ストックホルムの大都市開発

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)

 他国の建設業界

今まで中長期滞在した国では、現地の知り合いを通し、建設業界で働く人々(土工、とび、鍛冶屋、etc)の給料や、元請けとの関係性、世間一般のその業種に対するイメージ、どういった人達がその職に就くのかなど、あらゆる疑問を投げかけてきました。

それは Just out of curiosity(ただの好奇心から)ですが、一方で今の日本の業界性や、社会の風潮、国の方針に僕自身が疑問を呈しているからです。

簡単に言うと、大変な仕事であるにも関わらず、尊重されていないということです。そして、これは建設業界だけでなく、あらゆる “3K” と呼ばれる職種が、今後同じように変化していくことが予想されます。

これについての僕の見識を話し出すと、長くなるためここでは割愛致します。



 やっぱおしゃれ?

今まで海外の建設作業員に着目してきましたが、「(株)〜 建設」、「(株)〜 組」と、日本のように組織名が書かれた同じ作業服を着た人達は、あまり見かけることはありませんでした。

各々が好きな作業服スタイルで働くパターンです(最近日本でも若い人達を中心によく見かけますね)。

では、ファッション大国スウェーデンではどうなのか?

本国では各々異なる作業着を着ているケースもあれば、上の写真のようにお揃いのユニフォームで仕事をしているパターンもよく見ました。

スウェーデンだから特別おしゃれ!というわけではありませんが、スタイリッシュさを感じる作業着です。

日本のルールが厳しい現場ではパーカーは絶対許されませんので、やはり私服に見えて仕方がありません。

ちなみにニッカポッカを着ている人は現地ではおりません。



 北欧の建設現場

こちらも特筆することのない、ストックホルムの建設現場ですが、海外の建設現場って観察していると、すごくゆっくりしていて面白いんですよね … 。

あんまり焦っておらず、工期とかないの?って聞きたくなるような、余裕を持った働き方。

Photo: 本国でよく見る多機能マシーン

僕は特に定修工事と呼ばれる突貫工事によく遭遇していたので、とにかく急ぐ必要があった現場が多かったためか、なおさらそう感じてしまいます。

どっちが良いのかは分かりませんが、日本の方が圧倒的に効率化、合理化され、平均的に賃金が低いという矛盾があります。

【スウェーデンデザイン】FLYTE 宙に浮くライト マグナス

いつかスウェーデンにまた戻ることが出来たら、ガテン系の人にインタビューしてみたいな。

現地のワーホリで肉体労働に従事したい人もいるだろうし(いるのか?)… 。

ん〜、海外の職人の生活が気になってきた …

 

*** ストックホルムの観光に関する専用ページを設けました。***

リーズナブルに北欧文化を味わえる旅情報を、スウェーデン大学院留学経験者が徹底ガイド。

LINK現地で行なう旅の準備に関するページ

LINK【必見】ガイドブックには載っていないストックホルムの穴場情報ページはこちら