スウェーデンの大学院に志願する方法1で少し触れましたが、スウェーデンの大学院留学が米英留学と違う点は政府公認機関が一括窓口になっており、好きなタイミングで好きな数だけ志願することが出来ない点です。重要なポイントをまとめますと、

・志願期間は年末〜2月初旬のみ

・出願や書類の提出全ては University Admissions.Se(政府公認機関/Webサイト)に行なう

出願料 900SEK をUniversity Admissions.Se 上で支払う

4プログラムまで志願可能

第1希望〜第4希望まで決める必要があり、第1希望校からオファーが出た時点で優先順位の低い第2・3・4希望校は自動破棄される

第1ラウンド/ 第2ラウンドがあるが、米英留学プロセスでのそれらとは意味が異なり、第1審査/ 第2審査の意味合い(後々詳しく説明)

3月下旬に第1ラウンドの結果が公表され、1ヶ月後の4月下旬に第2ラウンドの結果が出る

 

これらを理解した上で出願計画を立てるのが望ましいと考えられます。それでは具体的な出願プロセスをこちらの順番でご説明していきます。

 

  1. University Admissions.Se に登録
  2. 志願したい4プログラムを選択
  3. 選択した4プログラムを優先順位付け(第1希望〜第4希望) *めちゃ重要
  4. 出願料 SEK900 の支払い
  5. 必要書類の提出
  6. 出願状況のチェック
  7. Merit Rating の公表
  8. 第1審査結果発表
  9. 第2審査結果発表
  10. 前期授業料支払い

1. University Admissions.Se に登録

まず University Admissions.Se (以下UAS)のサイトへ。Log in ボタンを押します。
次に“Create account”を選び、日本人ですので “NO I don’t have a Swedish personal ID number” を選択。
全ての情報を記入し  “Create an account”を押す。

2. 志願したい4プログラムを選択

UASサイトトップページの Search ボックスで、プログラム名またはキーワードを入れて検索。
志願可能なプログラムが表示され、授業料や受講可能な言語など詳細情報をチェック出来ます。4プログラムまで選択して下さい。

3. 志願した4プログラムを優先順位付け

続いて、第1希望〜第4希望までを設定します。この作業は非常に重要で、後に設定した優先度の高いプログラムからオファーが出た時点で低い優先度分は自動破棄されます。

これは僕が設定した Autumn term in 2016 (Entrepreneurship program)の志願データになりますが、

  1. Lund University
  2. Uppsala University
  3. KTH
  4. Chalmers

僕の第1希望は Lund で Uppsala (2), KTH (3) and Chalmers (4)でした。このランク付けに関しては志願者の間で毎年様々な憶測が飛び交っています。例えば、

・大学側はこの志願者の優先順位付けも加味して、合格/不合格審査を行なう

・第3・4希望等の低い優先順位のプログラムからは高得点のMerit Rating は獲得出来ない

などです。

これらは実はただの憶測に過ぎずあまり関係ありません(僕は実際にプログラムのディレクターに聞きました)。Merit Rating の説明も含め後々詳細をお話しします。

4. 出願料 SEK900 の支払い

EU国以外の全ての志願者は出願料 SEK900 支払う必要があります。UAS上でクレジットカードにて支払い完了した後、この画面にて支払い完了を確認出来ます。支払いを忘れた場合、出願したとは見なされず書類審査も行われませんので気をつけて下さい。

5. 必要書類の提出

1〜4までの基本設定が終わったら、いよいよ各プログラムから要求されている書類の提出です。書類の提出はまず Documents ボタンをクリックします。提出先は4つのグループにカテゴリー分けされています。
僕自身の経験では提出書類は大きく分けてCommon DocumentsRequired Documents の2種類に分かれます。

– Common Documents (全大学共通して提出を要求する書類)

・A copy of certificate of graduation(大学の卒業証明書)
→ Certificates, diplomas and transcripts グループへ提出

・A copy of transcript(大学の成績証明書)
→ Certificates, diplomas and transcripts グループへ提出

・CV(Curriculum vitae: 職務経歴書)
→ Other documents グループへ提出

・Motivation Letter (Personal statement: 志望動機書)
→ Other documents グループへ提出

・A copy of passport(パスポートのコピー)
→ ID documents グループへ提出

・A copy of certificate of English exam (IELTS, TOEFLなどの英語能力を証明する試験結果)
→ English language proficiency グループへ提出

– Required Documents(それぞれのプログラム側から要求される書類や課題)

・Letter of reference(大学の教授や職場の上司からの推薦状)
→ Other documents グループへ提出

・A copy of certificate of award related to your major in a broad sense(表彰状などのコピー)
→ Certificates, diplomas and transcripts グループへ提出

・Essay, video presentation, etc(プログラム側から個別に要求されたエッセイやビデオプレゼンなどの課題)
→ Other documents グループへ提出

・GMAT(GMATテストの結果)
→ Other documents グループへ提出

 

Upload documents をクリックすると本提出されます。

1点、年によって異なるのが直接郵便で原本を送る必要があるかどうかの書類の確認です。実は、僕は2年連続で志願したのですが(理由は後々お話しします。非常に悲しいお話しです)、前年は大学の卒業証明者と成績証明書を直接UASへ郵便提出する必要があったのですが、2回目の時はサイト上でのアップロードのみでよかったです。

こちらは毎年コンディションが国によって異なるようですので、注意して確認して下さい。GMATの結果書類等もテスト機関側から大学側へ提出依頼する必要があったり、プログラム提供側によっても条件は異なってきます。

ちなみにビビリな僕は2年目も念のため郵便とWebアップ両方で提出しました。問題なかったっす!

6. 出願状況のチェック

全ての書類提出がUAS側へ正しい方法で完了しているか否かは、出願期間締切日(2月初旬)以降に現在のステータスという形で分かります。言い換えれば、それまでは確認する方法がなく出願プロセスをきちんと自ら確認し完了させるしかありません。かなり不安です。

書類提出が完了した後、UASのあなたのページ上で現在の状況が表示されます。

In progress (現在書類確認中)→ Qualified (必要書類の提出が完了しています)→ Merit Rating(評価)

Merit Rating … …??

UASによれば Merit Rating (grade tariff) は提出された書類の情報に基づいて計算されたその志願者の評価指数に当たるものです。

指数のMaximumはその年やプログラムによって異なるのですが、例えば 900点満点の場合、900点=すでに合格が約束される、890点=点数は非常に高くオファーを受ける確率が相当高いと解釈でき、高い点数=オファーを受ける確率が高いとなります。

そしてこのMerit Rating は大学時代の成績、過去の経歴、志望動機書の出来、課題の評価等から計算されます。

7. Merit Rating の公表

Merit Rating は本当に人をやきもきさせます。情報の少なさ、数字自体が何を物語っているか不透明、Merit Rating が発表されないまま第1審査発表が行われたりもするからです。こちらが僕の Merit Rating になります。

・Lund University 885/900

・Uppsala University 999/999 DA (Direct Admission)

・KTH 55/75 (=73.3%)

・Chalmers Deleated

第1希望の Lund からは885/900 (=98.3%)を獲得しました。これはもう絶対受かったなと思いますよね!結論から言うと落ちたんですよ!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

第2希望の Uppsala からは満点 & DA という評価を受けました。後々調べるとDA = Direct Admissionのことのようで、つまり合格の意味合いだそうです。

第3希望のKTHは 55/75 (=73.3%) と評価が低く、いずれにせよオファーを受けるのは難しかったのではないでしょうか。ちなみに第2希望の Uppsala からオファーが出る流れですので、KTH は削除されます。

最後に第4希望の Chalmers ですが、提出課題を出さなかったので自動的に削除されました。

以上が Merit Rating の説明になるんですが、僕は Merit Rating システムを2年連続経験しているのでその立場から申し上げますと、「このシステムいる?」って毎度感じてしまいます。ただただモヤモヤ不安にさせるだけのシステムではないでしょうか?

8. 第1審査結果発表

先ほどの Merit Rating の公表後、3月下旬に第1審査結果が発表されます。それがこちら

・Lund University/ Reserve number 6 on the waiting list

・Uppsala University/ Conditionally admitted

・KTH/ Deleted

・Chalmers/ Deleted

第1希望の Lund からはオファーが出ず、かつ僕の前に辞退者を待つ人(補欠合格者のようなもの)が6人いることを表しています(= Reserve Number) 。余談ですが、僕はこの時点で Lund 合格は不可能だと確認しました。と言うのも、前年 Reserve Number 2でその後辞退者が出ずオファーを受けれなかったんですね。Lund のEntrepreneurship プログラムはスウェーデン全体でトップ5に入る競争率らしく、そういったプログラムではいくら高い Merit Rating を取ろうと意味が無いようです。そのへんの失敗談はまた後日お話ししたいと思います。ちなみに前年最終的にオファー受けれなかった時は ヾ(●´▽`●)ノ彡うそやーん”ノヽノヽノヽノヽノヽ 、こんな感じでした。

第2希望の Uppsala からは予想通りオファーが出ました。この時点でだいぶ安心感に浸れ、家族に「スウェーデンに行く」ことを伝えることが出来ました。この Conditonally admitted(条件付合格) は、前期の授業料を納めて初めて Unconditionally になるよという意味です。

第3希望のKTHは 優先度の高い Uppsala からのオファーが出たことで削除。

第4希望の Chalmers も同様(Merit Rating 発表時の段階で削除済み)。

第1審査発表後、オファーが出たプログラムの受講権利を確保しておく必要があります。必ず Accept して下さい(後々断ることも出来ます)。

9. 第2審査結果発表

第1審査結果発表後、Seat(受講権利)をキープしなかった人や、より優先度の高いプログラムからオファーを受けたことである程度の空きが出てくるようです。先ほどの Reserve Number の順にオファーが出されるのですが、この時点でもし合格しなかった場合不合格となります。残念ですが、熱意を示して直接 Academic Director とかに連絡をとっても公正を期すため何も起こらないです(経験者は語る)。

僕は Uppsala に行くことを決め、晴れてスウェーデン行きが決定しました。

10. 前期授業料支払い

最後に、UAS 上でオファーが出た希望先の前期授業料を支払い、正式に進学となります。

 

どうでしたでしょうか?スウェーデン大学院の出願方法。プロセスは多数あるように見えますが、全て共通の Web 上で管理されシンプルで簡単だったというのが個人的な感想です。僕はイギリスやドイツの大学院からもオファーをもらったのですが、スウェーデンの出願プロセスはきちんと決まったスケジュールで進められ、他と比べ予定が立てやすかったです。皆さんのご検討心よりお祈りしております。ご質問等はお気軽に下さいませ。