ストックホルムでは日本でも人気のスウェーデンブランド Acne Studios や Eytys などが、大変お値打ち価格で購入可能なことをお伝えしてきました。

それはなぜなら現地価格で販売されているためで、日本で売られている価格よりも3〜4割安いのがどのブランドにも言えることでした。

そして、その現地プライスからさらに半額などで購入可能なのが、地元のアウトレットになります。

LINKAcne Studios はスウェーデンでは安い!? 2

ストックホルムにやって来たら絶対に行ってもらいたいスウェーデン一(いち)のアウトレット、それが Stockholm Quality Outlet です。

今日はそのアクセス方法や中の様子についてお伝えします。

 アクセス方法

ストックホルムからは、地下鉄&バスに乗り Stockholm Quality Outlet へ行く方法が一番一般的です。まずは、

地下鉄 11番「towards Akalla T-bana」

に乗って、終点の Akalla 駅で下車しましょう。その後、改札を出て駅の真ん前にあるバス停で、

バス 567番:Jakobsberg station 行き

と表示のある赤いバスに乗り、5 つ目にある Herrestavagen 駅で下車します。時間にして10分少々ですが、行く度工事の関係で迂回路を走ったりして、バスのスケジュールは割とフレキシブルです。

所要時間はだいたい覚えておいて、車内のアナウンス(液晶掲示板に出る)に注意を傾けるようにしましょう。



 バスの乗り方&降り方

スウェーデンではバスは運転席の前側から乗り、運転席横の機械に定期(カード)をかざしてバスに乗ります。旅の始めに買ったパスカード(地下鉄、バス乗り放題)をかざし、「ピッ」となったら後方の席へ。

LINK【実はリーズナブル!?】ストックホルムでは電車・地下鉄・バスの定期券を駆使して観光しよう!

前方の広いエリアはお年寄りや体の不自由な方優先ですので、気をつけましょう。

バスが発車するとしばらくはのどかな田園風景を楽しみましょう …  とはいかず、ひたすら草むらみたいな中を走ります。

さすがの散歩好きの僕も、アウトレットまで歩道がないことに気づき、いつもバスを利用します。

しばらくすると、「次は〜 Herrestavagen 駅」がアナウンスされます。

ちなみに Akalla St. からは5つ目のバスストップですが、この辺りに近づくとショッピング街が見えてきますので、ミスって別の場所で降りても問題ありません。

運転手に次降りることを伝える、赤い STOP ボタンを押していよいよアウトレットへ。

 STOCKHOLM QUALITY OUTLET

バスを降りて見えてくるのがこの光景です。この日は曇っていましたが、晴れてるときは快晴のストックホルムブルーをバックに、この旗が映えます。

STOCKHOLM QUALITY OUTLET

営業時間
月〜金:10am ~ 20pm
土〜日:10am ~ 18pm

となっています。Stockholm Quality Outlet は大型モールのような建物ではなく、各店舗が決められたエリアに点在するような形になっています。

特に決められた入り口のような場所はないので、適当にこの看板近くから入っていきましょう。

 圧巻の80店舗

先ほどの正面ボードとは反対側に位置する場所に掲げられているのが、この店舗一覧。カフェなども含めですが、なんと80店舗もあるようです。

Stockholm Quality Outlet は個人的にそこまで広い印象を持っていませんので、

「ほんまか?」

と感じてしまいますが、間違いないでしょう。しかも、もうこのアウトレットには10回以上足を運んでいるのに、僕の一押しノルウェーブランド NORRONA が入っていることに今気付きました。

「ほんまか?見た覚えないぞ」

自分の視野の狭さを嘆きます。



 内部は普通の欧米アウトレット

アウトレットの中はこんな感じで結構シンプル。アメリカの国境沿いにあるような、それほど大きくないアウトレット商業施設の雰囲気です。

子供が遊んだりする場所も1区域ありますが、それほど広くありません。

このアウトレットは食事を取るエリアも含め、アミューズメント的要素が乏しく、基本的には買い物を楽しんですぐ去るという人が多いようです。

 日本でも人気のスウェーデンブランドが …

Acne Studios …

Happy Socks … 安いのにさらにセール …

ラグジュアリーアウトドアブランド Peak Performance …

Haglofs … 日本でも認知度が増してきたアウトレットブランドですね。asics に勤める知人が激押ししていましたが、2010 年から asics の子会社になったようです。

お店によって扱われている商品が、「本当にお得感があるかどうか?」はかなり差があるのが現実です。

例えば、上記アウトドアブランドなんかは、明らかにシーズン遅れの汎用品みたいなものがハンガーに無造作にかけられ、質もスタイルもイマイチで購買意欲が削がれます。

一方でこれまでご紹介してきた Acne や Hope などの人気ブランドは、置いているものも店内の雰囲気も質が高く、購買意欲が掻き立てられたのは間違いありません。

ストックホルム市街地観光に飽きられた方は、お土産を買いに Stockholm Quality Outlet に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

*** 北欧ファッションブランドリストのページを設けました。日本では聞いたことのない、めちゃめちゃイケてるブランドがまだまだありますよ ↓↓↓

LINK北欧ファッションブランドリスト