「高そう〜〜〜。」

これはスウェーデン留学に対する90%の方々の反応です(It’s Lagom Tada調べ/サンプル数10)。正直僕も恐らく高いだろうなと覚悟していました。といいますか、どこに行こうと学費が無料でない限り留学は高いです。前回の記事、

なぜスウェーデン留学に決めたのか?

でお話しした通り、費用面等の理由から

×  米英 MBA 留学

○ スウェーデン アントレ

と決めるわけですが、あまりにもスウェーデン留学の情報が少なくまだ完全には決めきれていませんでした。当時スウェーデン留学の情報といえばよくわからないサイトがロボット翻訳したようなものしかなく、「本当にスウェーデンで大丈夫かな?」と不安でした。ここでの不安は「ついていけるかな?」ではなく「プログラムがとてつもなくしょぼかったらどうしよう?」という不安でした。

スウェーデンは一般的に教育水準が高いことで知られていますが、デンマークの大学に留学していた妹の友達が「北欧人はめっちゃグータラっすよ、兄さん」と非常に不吉な言葉を残してくれたおかげで、この選択が正しいかどうかの確信が持てずにいました(もう決めかけてたのに …)。

まぁ、ともあれスウェーデンに対する興味は薄れるわけもなく、これだけ産業が発展してる国の人間がグータラなわけないだろうと楽観的に考えるようにしました(仮にもしグータラでこれだけ政策や産業を発展させられたのなら、余計に興味がわきますしね)。一方で、学問という意味ではやはり米英は進んでいます。こちらも念のためチェックするべきだろうと、スウェーデン、アメリカ、イギリスを学費・生活費の面からコスト比較してみたのです。

*スウェーデン留学を主にしていますので、比較通貨はスウェーデンクローナ(現地通貨)です。現在1スウェーデンクローナ¥12.8です。
*学費はEntrepreneurshipプログラムでの比較です。
*学費・生活費は各スクールがホームページ上で提供している情報を引用しました。
*当方イギリス、北米ともに滞在歴ありますので、学校のサイトで表示されている生活費に違和感は感じませんでした。

スウェーデン留学

こちらは僕が別サイト用に作ったスウェーデン留学をコスト面で比較したグラフです(縦軸=生活費、横軸=学費)。

学校/学費(SEK)/生活費(SEK)/トータルコスト

(1年のプログラム)

Linnaeus   85,000     80,000  165,000

Uppsala   100,000     80,000  180,000

Lund      120,000    80,000     200,000

KTH       155,000    100,000  255,000

(1年3ヶ月のプログラム)

Hyper Island 159,000    150,000  309,000

(2年のプログラム)

Jönköping    240,000  192,000   432,000

Halmstad      246,000  192,000  438,000

Chalmers      280,000  236,040  516,040

・Gothenburg 294,600  236,040   530,640

・Kalorinska   360,000  240,000      600,000

*Hyper island: Entrepreneurshipプログラムがないので人気のDigital Marketing (Part time)で比較
*Kalorinska: Bioentrepreneurship

 

同じ1年間のプログラムでもストックホルム市内のKTHでは生活費がやや高めになることが分かります。トータルコストは165,000 〜 600,000 スウェーデンクローナと非常にばらつきがあります。これは少し補足説明が必要で、スウェーデンの1年の修士プログラムは厳密には10ヶ月間となります。2年のプログラムは22ヶ月間となり、1年と比べた際2ヶ月間のギャップが発生します。ただ、その間も現地滞在が基本的には要求されますので少し生活費が高くなっている状況です。

米英留学

次に、1年間のEntrepreneurshipプログラム米英大学院編です。

(イギリス)

Lancaster     182,000    126,672  308,672

Manchester    192,400    120,380  312,780

Nottingham       197,028    126,568      323,596

Sheffield       202,800   126,672   329,472

・Edinburgh      219,440    219,440   348,920

Imperial       280,800   154,315    435,115

 

(アメリカ)

San Francisco      367,200  114,640  481,840

USC           369,824  138,872  508,696

Babson            412,320  146,208  558,528

・Michigan     456,096  161,040  617,136

 

こうしてグラフにすると余計に思うのですが、アメリカの大学って本当に高いですね。これら米英校全て1年のプログラムです。イギリスも相当高額なんですが、アメリカはその比じゃないのがおわかりいけるかと思います。もしプログラムが満足な内容でなかった場合の自分の気の動転具合をイメージしただけでも行く気にならなかったことをよく覚えています。

1SEK=¥12.7とした場合、Michiganは授業料だけで580万円にもなるんですが、逆にこれだけの価格を設定するには相当自信や他にない特徴があるのだと考えられます。

3国比較

3つの国の学校を比較して見えてくることは

・アメリカ校はズバぬけている

・イギリス校の授業料はスウェーデン校の2年分

ということで、コスト面から見た場合スウェーデンに軍配があがりました。生活費はだいたい感覚的に東京で生活するぐらいのものだと思っていただいて大丈夫だと思います。きちんと自炊してコスト意識を持って生活すれば、特段目が飛び出るような請求をされることもないと思います。意外とアルコール類もリキュールストアで買うとそんなに高くはないです。

結論

・スウェーデン留学は米英留学と比べるとリーズナブル!

・それでも年間200万円前後は最低かかる!

のでした。

 

– 余談 –

自分自身のプロジェクト立ち上げ等の経験から、僕は「Entrepreneurshipって学校で勉強するものなのか?」とそもそもプログラムそのものに疑念を抱いていました。ですので米英スクールと比較しいかに安いとはいえ、スウェーデンの年間120〜130万円でさえ高額だなと感じていました(そのお金があれば何らかのビジネスはスタート出来ますもんね)。

モチベーションはやはり「学校外の課外活動でスウェーデン社会から何かを学ぶ」ということにあり、スウェーデンに行くことを決定するのでした。メデタシメデタシ〜とは行かなかったんですね …。