前回の記事で、スウェーデン南部最大のスタートアップイベント Startup Live! についてシェアさせていただきました。

ストックホルムからちょうど真逆に位置する南部でも、第3の都市マルモを中心にスタートアップエコシステムが形成されつつあります。

なかでも現地で最も有名なスタートアップコミュニティが Malmo Startups 。

Startup Live! を立ち上げるなど周辺都市の起業家、学生、研究者、投資家、ベンチャーキャピタルなどを対象に様々なイベントを催し、マルモのスタートアップシンーンを精力的にサポートしています。

Malmo や Lund 滞在中に感じたストックホルムとの違いも含め、今回は彼らについてお話ししたいと思います。

Malmo Startups

Malmo Startups は年間40以上のスタートアップイベントを開催するスウェーデン南部最大のスタートアップコミュニテイです。

イベント開催だけであれば他の都市のインキュベーター達と変わりませんが、彼らが提供するオリジナルサービスとして Startup People Database というスタートアップ特化型就職支援サービスがあります。

これは Malmo を含む周辺都市のスタートアップ企業で働きたい人向けのサービスで、希望者は自分のキャリアに関する情報や Linkedin を Malmo Startups の公式サイトにある Database へ登録します。

Jeremie Poirier (Managing Director)

その後スタートアップ企業の斡旋を受けるというものです。今現在、15のスタートアップ企業で様々なポジションの募集がかかっています。

スウェーデンでベンチャー経験をされたい方には朗報ですね。

スタートアップ人材の巣窟

Malmo Startups はスタートアップを経営する現役起業家だけでなく、エンジェルインベスター、アクセラレーターなど様々なスタートアップ人材から成り立っております。

実際取締役会は

・Charlotta Tönsgård (Former CEO, Min Doktor)
・Hampus Jakobsson (Angel Investor)
・Sarah Wittbom (Former CEO, eCommerce Summit)
・Joel Larsson (MD, Fast Track Malmo)
・Sofia Franzen (CEO, Drivhuset Malmo)
・Karsten Deppert (Entrepreneur, Mindpark)

と、経験豊富で立場の異なる人達により構成されています。

ゆえに、より幅広く視野の広いスタートアップサポートを実現していると、Startup Live! 中にも説明がありました。

残念ながら Malmo Startups の立ち上げメンバーの方からガッツリ話を聞く時間がなかったのですが、イベントを運営されていたスタッフの方に「こっちの人から見てストックホルムのスタートアップシーンてどう見えてますか?」と尋ねてみました。

ストックホルムとマルモの違い

「やっぱりストックホルムはいいよね、サポートしてくれる組織や団体がたくさんあって選択肢が広がるから。でも逆にこっちは Malmo Startups 中心に一致団結していて親密感があるよ!」

この点はウプサラなどと同じでこれから成長していくコミュニティに身を置くアドバンテージかと思います。

僕が見て感じたのは、イベント登壇されたスタートアップ企業含めテック系に限らず注目されているなということでした。

ストックホルムでは多くのコワーキングスペースやインキュベーターがその対象を IT 分野に絞っているため、「すごいなー」とは毎回思うのですがだんだんと見飽きてくる感じが否めませんでした。

一方こちらではいい意味でトラディッショナルなビジネス(ベンチャー)も活躍しているようで逆にバラエティに富んでいました。

ずっと「テック、テック、テック、テック」と聞いていたので、個人的にいい気分転換になりました。

Skåne Startups

スウェーデン南部最大のスタートアップコミュニティ Malmo Startups とご紹介しましたが、実は細かく言うと南部のスタートアップコミュニティは Malmo Startups、Helsinborg Startups、Lund Startups と地域ごとに細かく分けられています。

そしてそれらを統括するのが Skåne Startups というMalmo、Helsinborg、Lund を含む Skåne(スコーネ)地方のスタートアップ活動をバックアップしているコミュニティになります。

ただ表向きはホールディングのような形態ですが、地理的に各地域が非常に近いことからイベント開催は同じメンバーで運営され、場所によって Malmo Startups presents みたいな形をとっているようです。

 

スウェーデン南部は西へ行けばデンマークコペンハーゲン、北行けばノルウェーオスロとある意味地理的優位性が高いと個人的には思いました。

また違った感性を持つ人が集まりやすい場所として、ある意味ストックホルムよりおもしろい土地かもしれません。

スコーネ地方で勉強、就労予定の人は現地スタートアップコミュニティチェックしてみて下さい!