このサイトでアップしている写真は、時々現地の人や企業の目に止まり、使用許可を求められることがあります。

その中でも特に問い合わせいただいているのが、「セーデルマルムの丘」から撮影した、旧市街地ガムラ・スタンの夜景の写真。

以前、タレントの LiLiCo さんも絶賛した、こちらの丘の行き方についてご紹介しましたが、そこに行くまでの道のりも僕の大好きなおすすめ散歩コースです。

LINK【LiLiCoさんも絶賛した】スウェーデン・ストックホルムの絶景が見えるあの丘の行き方

とりわけ石畳を登った先に待ち受ける、Mariahissen と呼ばれる場所は、ドキドキハラハラさせられるマストゴーな場所なのです。

 Mariahissen

Mariahissen は Mariaberget の一部

Mariahissen はセーデルマルム島にガムラスタン側から入ったすぐの丘にそびえる、ゴシック教会調の建物。

Mariaberget と呼ばれるセーデルマルム島の美しい景色(ビル群)の筆頭とも言える建物です。

その正面から見える洗練された表情と、今回ご紹介する裏側の不思議な造りとのギャップに、街ブラ好きは萌えること間違いありません。

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)



 表の表情

ストックホルム市街地、とりわけストックホルム大聖堂や市庁舎側から目に入る、Mariaberget の光景は壮大の一言。

ガムラスタンとはまた異なった迫力を感じ、こちらをフィルムにおさめようと(死語)一眼レフを構える人があっちにもこっちにもいるほどです。 

 裏の表情は …

そんな Mariaberget の Mariahissen ビルが穴場と呼ばれるのは、建物のその裏側にあり。

長い石畳や階段を登ると、突如空中通路が現れ観光客は立ち止まるのです。



ここを放浪する人は大体セーデルマルムの丘へ向かっていますが(多分)、この空中通路の上で写真撮影したり …

あえてこの下へ回って上を見上げたりと、かなりの人がこちらで時間を過ごす羽目になります。

それぐらい路地裏のビルとビルの間に造られたこの場所が、不思議で魅力的なのです。



 曇りも映える

Mariahissen の裏側に着くと、とりあえずこの教会の塔の先のような形をした入口へ行ってみましょう(現在は一時的に閉鎖中のようです)。

鉄製の空中ブリッジがビルとビルを繋いでいたり …

ビルの隙間から望めるガムラスタンの様子も、丘から見られる一望とはまた異なり、風景を好む人を楽しませてくれます。

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)

こうして見ると、晴れた日ももちろん素晴らしいですが、風に流されるように移動する雲の様子も、ストックホルムの美しい街並みに相まって趣深く感じてしまいます。

当然ながら、こちらから望める夜景も素晴らしいですが、そちらはまた別の機会にお届けしたいと思います。

ストックホルムで穴場散歩を楽しみたい方々、是非一度 Mariahissen へ向かってみて下さい。

行って損はしませんよ!!

 

*** ストックホルムの観光に関する専用ページを設けました。***

リーズナブルに北欧文化を味わえる旅情報を、スウェーデン大学院留学経験者が徹底ガイド。

LINK現地で行なう旅の準備に関するページ

LINK【必見】ガイドブックには載っていないストックホルムの穴場情報ページはこちら