以前からスウェーデン留学、ウプサラ大学留学に関してメールでご質問等いただいておりました。

現地での生活環境や、必需品、ウプサラ大の教育レベルなどやはり一般的な留学に関してのことが多いです。

正直なところ一生懸命まとめたスタートアップ情報に関しては全くご質問がなく、このサイトの存在意義を疑う毎日ですが僕も(中年)男です。こんなことじゃめげません。

というわけで、僕が思い出せるだけのウプサラ情報を時系列でシェアしていきたいと思います。幸い当時使っていた iPhone に画像が残っていますので包み隠さずお話出来ればと思います。よろしくお願いします。



ファイル到着

以前"学生ビザの取り方 in スウェーデン"という記事で、住居許可申請の方法をご紹介しました。

LINK学生ビザの取り方 in スウェーデン

この作業が完了し大学側に入学の意思を伝えると、ウプサラ大学、街の公共サービス等の情報が一式まとまった入学の手引きがスウェーデンから送られてきます。

このへんの入学手続きに関するサポートの手厚さにはすごく驚きました。初めての海外で不安が多い学生さん達のことをよく気遣ってくれています。僕のような顔じゅうシワまみれの三十路も例外ではありません。

また、このタイミングで入学サポートを担当する大学の部署の方からも「ウプサラを選んでくれてありがとう。これから楽しいよ!!」的なメールが個人宛に送られてきます。

僕自身色々と事前に確認したいことがあったのでかなり頻繁にやりとりしたのですが、必ず24時間以内にレスを下さり説明も細かく何の心配もなく準備を進めることが出来ました。

というわけで、ウプサラ大学の入学手続きのサポート・・・★★★★★

アパートの希望申請

先ほど触れた手引き一式が届くタイミングでもう1つ行なうことが、住むアパートの希望条件の申請

すみませんが、僕がお伝え出来る情報は授業料を自費で払う大学院生向けのもので、交換留学生・奨学金を受けた留学生に関してはどういったプロセスなのか分かっておりません。

ウプサラ大学では Housing Office という部署が留学生の住居手配を担当しています。

基本的には手続き全てが学校が運営する Web 上で完了し、個々で Housing Office とやり取りすることはメールでの書類送付以外に準備段階ではありません。

Housing Office のサイト上では選択肢形式で自身の好ましい住居条件に関して質問されます。

 ・一人部屋が良い
 ・学校から近い場所が良い
 ・家賃が低い方が良い

などなど、色々な選択肢から自分の住居環境に関する好みを Housing Office 側に伝えます。



その後しばらくして Housing Office からアパートに関するオファーが来ます。重要なのは我々に"拒否権"が存在しないということです。

正確に言うと拒否することは可能ですがオファーを断れば自分でアパートを探すという非常にチャレンジングな動きが求められます。

よほど機動力のある人や、今現在スウェーデンに在住であれば可能だとは思いますがあまりオススメはしません。

というのもスウェーデン人のクラスメートでも頻繁に不動産会社を尋ねてアパートを見つけるまでに時間を要していました。

これはスウェーデン全体的に宿泊施設の不足が年々深刻になっていることも関係しているようです。

ちなみに僕はプログラムの途中でストックホルムに引っ越しすることも考えたのですがかなーり困難そうでした。それはまた後ほど。

そしてオファーされた住居を許諾すると、このような資料が送られてきます。チェックリスト、場所、チェックインの仕方など全てはここに書かれています。

契約書のサインは現地で行ないます。以上アパートを決めるまで難なく済みました。

大学 Housing Office の住居探しサポート・・・★★★★☆(特に助けてもらった感がないので星4つです)

 

次回は現地に持っていく携帯電話に関してお話したいと思います。