コロナ禍2年目の2021年春、今年も急激に気温が上昇し、桜の開花が例年より早く、見に行くタイミングをすっかり逃してしまいました。

日本では桜の木も新芽が出て、緑の葉で青々しくなっていますが、スウェーデンではちょうど今が桜の木の見頃のようです。

スウェーデンに桜!? と思われる方もいるかもしれませんが、外国でも桜を見かける機会は案外多く、日本におらずして日本の春を楽しめる機会に恵まれます。

そして、ストックホルムではある有名な場所が、その姿を変え一面桜のエリアとなるのです。

 Kungsträdgården

以前、「ストックホルムで一番賑わう公園」としてご紹介した Kungsträdgården

市街地で最大規模の面積を誇り、地元の人達や観光客にとっての憩いの場所となっています。

こちらの公園は、四方を樹木に囲われているのですが、その樹木がなんと全て桜の木。

当然、噴水エリアを取り囲む桜の木で、春先は日本人も驚くようなびっくりする光景が見られます。

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)



 桜の公園

以前からお話している通り、スウェーデンの冬は非常に長く(そして暗く)、しかしその分それが明けた際の、街がエネルギーで湧く感覚は、同国特有の文化だと言えるかもしれません。

そしてその春を象徴する場所として多くの方がお勧めするのが、この桜の木に囲まれた Kungsträdgården なのです。

こちらの場所が凄いのは、日本でよく見かける桜の並木道にできるアーチとは異なる、桜の天井が仕上がっているところです。

歩いていて不思議な感覚になるくらい、天井がどこまでも続いています。

この時期通常は Sakura Festival が開かれ、現地に住む日本人会の方々が催し物を披露したりします。

また、アイスクリームショップなどが、無料のサンプルを配布していたり、気温も上がっているのでその場所にいるだけで気分がウキウキしてしまいます。

これからスウェーデンへ留学する方々は、来年の春絶対見逃してはいけない場所なのです。



 おまけ

ちなみにスウェーデンの桜は、場所によっては5月頃まで咲いています。

僕が住んでいたウプサラでは5月半ばまで咲き誇っていたのを覚えています。

こちらの写真は僕が住んでいたアパートから撮ったものですが、桜が咲き誇る中の大雪(笑)。

意味不明過ぎて、止むまで窓を全開にしてその光景を楽しみました。嗚呼、またスウェーデンに行きたい …