当サイト It’s Lagom は、ストックホルムのスタートアップエコシステムの紐解き作業がキッカケで、運営が始まりました。

これまでこの国(都市)のスタートアップ関連組織、教育、サービスなど、様々な視点で形成されたエコシステムの中身を見てきました。

しかし、関連組織、サービスの多くがテックファーム(テクノロジー企業)に関するもので、テックビジネスにあまり興味のない人にとっては、かなりボーリングな内容だったかもしれません。

本日はそんなテックブームの影で密かに沸く、スウェーデンスタートアップの新たなトレンドジャンルについてご紹介します。

ウォッチ(時計)です。



 スウェーデンウォッチ

「時計と言えばスイス」というのが、全世界での共通認識です。しかし、スウェーデンにも有名な時計ブランドがあります。

それが、現在日本でも若者を中心に人気上昇中の Daniel Wellington です。

Daniel Wellington は、そのシンプルで高級感のある時計ボディに、好みに合わせたストラップ(バンド)を選び組み合わせることが出来ます。

文字通り「世界に一つだけの時計」を持つことを可能にしたスウェーデン発新興ウォッチブランドで、その商品力には定評があります。

近年では Apple Watch を含む多くの時計メーカーが、ベルト選択自由仕様を標準化していますが、Daniel Wellington はその走りとして多くの若者から指示を受けています。

創業者兼 CEO  の Filip Tysander 氏は、ウプサラ大学出身ということで、地元ではスターのように語り継がれているんですよ。

 スウェーデンスタートアップの次のトレンド「時計」

そんなスウェーデン発時計ブランド Daniel Wellington の成功もあって、ウプサラでは次の DW を目指し、ウォッチビジネスの創業を目指す人達が増えているとう話を以前こちらでお伝えしました。

LINK【DRIVHUSET】Daniel Wellington のCEOも注目!?のスタートアップインキュベーター

実際、僕がウプサラ在籍時のクラスメートも Rob Haves という時計ブランドを創業し、今なおそのビジネスのスケールアップに取り組んでいます。

しかし、現在この流れ(時計ブランドの創業)はウプサラだけでなく、スウェーデン全体に波及し、様々なスウェーデン発のウォッチブランドがローンチされています。

Photo: Rob Haves

驚くことに、すでに多くのブランドが日本のセレクトショップで取り扱われたり、ファッション雑誌に取り上げられたりしています。

ファッションブランド J. LINDEBERG ご紹介の際にも触れましたが、スウェーデン人の野心(スタートアップ事業の早期国際展開意識)は凄まじいなと感じてしまいます。

「小さい国だから初めから国際展開は視野に入れている」とはよく言われますが、その展開方法がハイリスクな自国との同時多発的垂直立ち上げで、意外にもその手法をとる新興企業をよく目にするからです。

それではどんなブランドがあるのか見ていきましょう。



 スウェーデンウォッチブランド

1. Lagom Watches

まずはこのサイトでも使っている、スウェーデン語 “Lagom(ちょうど良い)” をブランドネームにしている Lagom Watches。シンブルなデザインのボディだけでなく、ダイバーズウォッチのようなデザインのボディに、シルバーやゴールドデザインのベルトを組み合わせたりが可能。人と違うスタイルを求めるユーザーから人気のようです。公式サイトのリンクを貼っておきますので、どんな商品があるのか気になる方はまた覗いてみてください。結構 Sold Out の品も多く、人気ブランドに成長中のようです。購入は公式サイトからオンラインで可能のようです。

公式サイト【Lagom Watches】

2. Mockberg

Less is More を体現されたシンプルで機能性を重視したこちらの女性向け腕時計が Mockberg です。ボディを際立たせるベルトの独特なデザインが、腕にまとうことでジュエリーにも見える形をしています。若い女性だけでなく、大人のスウェーデン女性からも指示を集める、日本で着ければ目立つこと間違いない気品漂うウォッチブランドです。

日本公式販売【モックバーグ】