スウェーデン・ストックホルムの旧市街地 Gamla Stan(ガムラスタン)。

古い建物と石畳が広がる市内随一の観光エリアです。

しかし、その歴史を感じる風景とは対照的な、ジャンク感満載の名物撮影スポットがガムラスタンにはあります。

Mårten Trotzigs Gränd

観光エリアに突如現れる秘密の抜け道のような場所。モデルも御用達のフォトジェニックな場所で、その幅なんと1m 未満なんだとか。

道幅、角度、無数に描かれた Graffiti(落書き)、おびただしいほど貼られたシールやステッカー。多くの要素を兼ね備え過ぎて、(写真の)構図を考えるのが大変?

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)

 Mårten Trotzigs Gränd

Photo: Wikipedia/ Mårten Trotzigs Gränd in 2006

Mårten Trotzigs Gränd はガムラスタンに存在する、ストックホルムで最も狭い歩道ですが、横幅なんと90cm。

さらにその歴史は1500年代にまで遡り、この通りの名前の由来はドイツ系移民の実業家 Mårten Trotzig 氏に関係しているようです(全てWikipedia 情報)。

現在この通りは Graffiti とシールとでゲットーのような雰囲気を放っていますが、2006年時点の写真では今とは異なる魔女の宅急便にふさわしい美しい通りのようでした。

なぜ現在のようになってしまったのかが気になって仕方ありません。



 下品な入口

ストックホルムの旧市街地ガムラスタンは、淡い黄色やオレンジ、茶系のビルが遠くまで立ち並び、道がやや曲がりくねっているためその先の風景が見えません。

逆に言えば、美しい建物で出来た迷路の中に入れられたような錯覚さえ起こる、上品な景観が楽しめる場所でもあります。

そんな上品な迷路を進むと突如左手に周辺とは異なる、「ヤバい」雰囲気を醸し出した入口が現れます。壁には落書きが施され、入口の塀や電灯には無数にシールやステッカーが貼られています。

「何だこの “下品” な場所は … 」

誰もがそう感じる「B1」と書かれた入口をくぐってみると、

やはりおびただしいほどの落書きが壁全体に書かれています。

しかも、Graffiti と呼ぶにはあまりにも雑なものばかりで、ロンドンやベルリンで見かけるようなアートを感じるものとは程遠いです。

絵画的要素は少なく、どちらかと言うと文字をアレンジしたようなものが多いです。

そっちの世界に詳しくないのでよく分かりませんが、素人目には「散らかっているな」という印象が強いです。あとスウェーデン語が分からないのでメッセージが謎だったりもします。

 旧市街地の穴場

そんな細道を進んで行くと徐々に上(のぼ)りであることに気づきますが、その奥にある階段で撮影をするカメラマンやモデルの姿があることに気付きます。

こここそがストックホルムで最もジャンク感溢れる、フォトジェニックな撮影スポット Mårten Trotzigs Gränd のメイン階段です。

横幅が狭いため両壁に描かれた Graffiti や、電灯のステッカーに挟んだ形で被写体を捉えれば、写真映えすること間違いなし。

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)

僕もここには散歩がてら何度も訪れましたが、いつ来てもモデル撮影やプロ仕様の撮影機材を持った方々に遭遇します。

動画撮影が流行っている今なら、この通りを抜けていく動画をアップするだけで世界中から注目されるでしょう(多分)。

スウェーデンにご旅行の機会があれば、是非訪れていただきたい穴場(ガムラスタン)の中の穴場です。