こんにちは、今回はスウェーデンとは少し離れて世界のスタートアップブームに関する内容です。

これまでスウェーデンのスタートアップに関する話題に触れてきましたが、同様またはそれ以上に活発的な動きがアメリカ・中国の世界2大経済圏を中心に拡大し続けています。

その他にも有名どころで言えばイギリス・ロンドン、イスラエル・テルアビブ、フィンランド・ヘルシンキなどなど、世界中でスタートアップブーム、とりわけテック系の起業が爆増している状況です。

日本でもこれまで遅れているとされてきた起業環境が東京を中心に改善されてきていますが、1つの要因として挙げられるのは、日本の大企業が CVC(コーポレートベンチャーキャピタル)や VC(ベンチャーキャピタル)を創設する動きが活発化しスタートアップ企業への投資が活発になってきたことと考えられます。

とりわけソフトバンクがアリババやスーパーセルなどの株式売却で非継続事業からの純利益を激増させた事による、 ‘投資事業 の成功’ が多くの企業に影響を与えてきたように見えます。

しかし、このベンチャー投資の流れに関して言えば、多くが海外企業へと資金が向かっているのも現実のようです。



それでも主要マーケットはアメリカ?

Venture Enterprise Center (VEC) によれば、日系ベンチャーキャピタルが2016年に海外のスタートアップ企業に投資した金額は429億円。その内訳は

 ・🇺🇸🇨🇦 北米 ¥187億 (44%)
 ・🇪🇺     欧州  ¥ 35億 (   8%)
 ・🇨🇳  中国  ¥ 10億  (  2%)
 ・その他

となったようです。

日本人投資家達が北米を最重要スタートアップ市場と考えるように、今でもマネーの多くがアメリカ・カナダへ流れています。

アメリカにおいては西側のベイエリアが今でも起業のメッカとして認識されており、(少し古いですが)Venture funding by region 2014 のレポートからも分かるように他とは一線を画しています。

カリフォルニアの人口は380万人とアメリカ全体の10%に過ぎませんが、55%のファンディングベイエリアに向かっているのも象徴的です。

起業家の大移動



このサンフランシスコのベイエリアとシリコンバレーは、地価の急騰などにより居住区域ではなくなったことは有名です。 そしてその主要因となっているのがハイテクスタートアップ企業の集中と言われています。

近年、世界的にハイテク市場での人材不足が問題となっており、シリコンバレーなどの地域において能力のある IT 開発者の初年給は日本円で2,000万円近いとも言われています。

その結果、起業家がそれまでスタートアップの聖地と呼ばれていたこれらの地域を選ばず、809マイル程北にあるシアトルを選びベンチャーを起こすようになりました。この流れの発生が今からもう何年も前のことです。

シアトル

シアトルの住環境はアメリカでもトップクラスに良いことで有名です。街は太平洋の海と山々に囲まれ安定した気候と海産物が有名で、アメリカ人のみならず隣国カナダからも旅行者が絶えません。

またスターバックス、コストコ、ボーイング、マイクロソフトなどの伝統的大企業だけでなく、アマゾン、エクスペディアなど新興テック企業がシアトルに本社を置き、人口70万人程度ですが経済の強い地域としてアメリカ人の移住先としても人気の都市です。

このような安定した住環境と強い経済が両立しているにもかかわらず、生活費は先ほどのベイエリアやシリコンバレーよりもはるかに低く、結果 IT 人材の雇用にかかるコストも低いことから起業家達がこの街にシフトしていったのでした。

僕自身も北米滞在中は度々シアトルを訪問しましたが、自然と近代化した街の雰囲気が本当に居心地が良く海鮮類を使ったジャンクフードに激はまりしていました。実際、ニューヨークなどと比べても費用面でリーズナブルな街という印象を持ちました。

しかし、多くのテックスタートアップに選ばれる街となりその状況は一変しました。

物価の高騰

Photo: https://underfifty.blogspot.jp

シアトルでもテックスタートアップのブームにより不動産バブル、オフィスの賃料・IT 開発者の雇用費用の急騰などなど全てのコストが跳ね上がるという状況が起こりました。

かつてサンフランシスコのベイエリアが経験したように。

先ほど触れた大企業群もこの状況に拍車をかけていると言っても過言ではありません。そもそも彼ら自身ベンチャー企業への投資や買収を通してスタートアップエコシステム形成の一役を担っているからです。

さらに、これらのシアトルベースの大企業が地元スタートアップ企業をサポートする流れを見て、他の都市からも資金が流入するようになりました。

豊富な資金提供を受けた IT スタートアップの特徴の1つに、洗練されたオフィスへの入居が挙げられます。月に数百万円もするダウンタウンのビルに入居し、従業員のために高価なオフィス家具・アメニティを揃え、それらをアピールポイントにまた新たな人材確保にのぞみます。

そしてこのトレンドを不動産デベロッパーが見逃しません。周辺ビルの賃料の上昇のみならず新たなビルの建設など都市開発が進みます。その結果としてアパート賃料の値上げなど住居費含めたコストが急騰し、一般人が住めなくなる現象が起こりました。

これらも先ほどから何度も言っていますサンフランシスコのベイエリアなどが経験した現象です。ゆえに、テック系スタートアップが栄えた街の共通現象と言えると思います。

テントシティ

シアトルを訪れた際、何度かお世話になった友人のお父さんはボーイング社で数十年働くシアトル市民です。その彼が数年前にはっきりと「これからこの街はどうなっていくんだろう?」と僕に語ったのを今でもよく覚えています。

数十年間その街に住んできた人にとって、都市の中心部・周辺地区のコストの上がり方は常軌を逸していると感じずにはいられなかったんだそうです。

正直、彼の年収は僕から見ても相当に高いですが、そんな人でも生活を維持するのがだんだんと難しくなってきているということでした。

これを表すより象徴的な現象がシアトル中心部にある ‘テントシティ’ と呼ばれる一画です。

テントシティはもともと住まいを失った人々に、一時的に一定地域内でテント生活を許可するという行政の政策だったのですが、近年このシアトルのテントシティがテクノロジースタートアップブームがもたらした負の遺産として世界中で認知されるようになりました。

僕が最後にシアトルを訪れた2014年には既にテントシティは存在していました。今ネット上で確認出来る規模よりはもう少し小さかった印象ですが、当時と比べると確実にテントシティに移り住む人々が増え規模が拡大しているのは事実です。

このテントシティが認知されるようになったのが、実は近年そこに移り住んだ多くが ‘仕事をしていたのに住居を失った‘ 人達で、我々がイメージするホームレスの人々とはかなり事情が異なるからです。

超インフレ現象

長年彼らはシアトルに暮らし仕事をして生計を立てることが出来ていました。しかし、先ほど触れたテックブームで不動産バブルが起こり、それにつられアパート賃料の値上げ、強制退去させられるという事例が後を絶たなくなりました。

この他にもシアトルでは様々な変化がここ数年ありました。例えば最低賃金が法令によって上げられ、それに伴い多くのレストランオーナーがチップ制を廃止しその分価格に転嫁をしました。

結果としてそれまでそれらの飲食店を利用していた顧客に金銭的負担が強いられ、物価上昇に拍車がかかりました。

このような超インフレ現象をシアトル市も懸念し、結果的にシアトルの一部ダウンタウンエリアでテント生活を公式に認める事態となりました。

これらの話は僕が北米滞在中シェアメイトだったシアトル出身のティファニーから直接聞いたのですが、その後実際に自分の目で見たときは何とも言えない感情になったのをよく覚えています。また現地(シアトル)でもスタートアップイベントに参加した時に若いテックスター達が大盛り上がりしていたので、そのライフスタイルのギャップに正直違和感しか覚えませんでした。

ちなみにそのティファニーもシアトルの物価の急騰から逃れるために活動拠点をカナダ・バンクーバーに移した1人でした。そして先ほどのお世話になったボーイング社で働く方は彼女のお父さんでもあります。

現在シアトルには8つのテントシティが存在していますが、さらなるテントエリアの必要性を唱える人々と、街の景観などの問題からこれ以上増やすべきでないと反対する人の間で対立が起こっているようです。

そして今このテックスタートアップの負の現象が、国境を越えシアトルのすぐ北にあるカナダ・バンクーバーで起こっているのです。

LINK【世界で最も住みやすい街バンクーバーも終わる?】テックブームが壊す社会の実像2