これまで別サイトでもスウェーデンのコワーキングスペース情報を取り上げていたのですが、最も多い質問の1つが「どのコワーキングスペースで活動するのが一番いい?」でした。この質問は本当に答えるのが難しいです。

というのも、場所やその時の所属メンバーによってワーキングスペースの雰囲気は変わってきます。ものすごくフレンドリーでアットホームと聞いていたのにそうでなかったり、逆もまたしかりでした。

ですが、より雰囲気が企業のオフィス寄りで IT カンパニーのような洗練されたデザインのオフィスを求めるのであれば、United Spaces が最もおすすめのコワーキングスペースでしょう。

徒歩15秒の好立地

ストックホルム中央駅真横の Water Front Building にある
United Spaces は恐らくストックホルムでも最もアクセスの良いコワーキングスペースで、中央駅からなんと徒歩15秒くらいです。

Photo: United Spaces

他のコワーキングスペース同様、彼らも移動可能なデスクや、プライベートオフィス、ソファー等のリラックスするための家具類など完備しています。さらに、サイレントエリア、電話ブース、カフェ、バーなどメンバーがその日のムードによって作業場を変えられるようタイプの異なるスペースを設けています。

Photo: United Spaces

メンバーシップは3種類

United Spaces は全部で3つのメンバーシップを用意しています。

・Business Lounge (3,195 SEK/月)

・Flex Office (5,995 SEK/月)

・Private Office (値段は相談)

全てのメンバーシップ共通のサービスは

・無料もしくはディスカウント価格でイベント参加が可能
・巨大ラウンジ使い放題
・24時間オフィスの使用が可能
・Wifi、 コーヒー・ 紅茶、プリンタを無料で使用が可能
・ミーティングルームを通常より30% オフで使用可能

洗練されたデザインのワークスペース

Photo: United Spaces

United Spaces のワーキングスペースは非常に洗練されたデザインの家具で整えられ、メンバーがリラックスして仕事に取り組めるようホテルのラウンジのような作りになっています。また室内・外には多くの観葉植物が置かれ、作業場を緑で囲むことでリフレッシュ効果を生み出しているのだとか。

夏の晴れた日にはテラスに出てバーベキューをしたりビール片手にメンバー同士がコミュニケーションを図ることができただただうらやましいですよね!

Photo: United Spaces

また、Waterfront Building はストックホルムでも最もセキュリティが保証されたビルとして知られ、多くの企業や大使館などが入居しています。僕はイベントで訪れる前、勝手にインタビュー目的でビルの中に入っていったのですが、1階のセキュリティガードに止められあれこれ質問された挙句、結局アポなしだったため追い返されてしまいました。言い換えればそれだけしっかりしているので企業側には安心ですね。

United Spaces はスウェーデン第3の都市マルモに支店があり、さらにインターナショナルコワーキングスペースのメンバーでもあります。よって、彼らのメンバーを持つとそのネットワークの権限で、世界200以上のコワーキングスペースで仕事が出来る権利を得ることになります。インパクトハブのシステムに似ていますね。

United Spaces はアポをとれば施設のフリーツアーをメンバーの方してくれます。マネージメントメンバーの皆さんはとても親切ですので、1度足を運んで話されてみてはいかがでしょうか?イベント運営も彼らが行なうので何か有益な情報をもらえるかもしれませんよ!