僕が以前乗っていた Volvo V70 にカーナビは付いていませんでした。

勝手なイメージですが、昔の Volvo 純正カーナビは「小さくて見ずらそう」という印象が強く、付いていなくて良かったとさえ思っていました。

実際、本当に小さかったですしね。

そんなステレオタイプを持ちながら New V60 を納車したわけですが、時間が経つにつれだんだんと車にも慣れてきました。

「もう俺に分からないものはない!」と言いたいところですが、カーナビには今でも時々手を焼きます。

とりわけ土地勘のない高速道路でけっこうミスることが多く、夜中に知らない場所を走らされたことも何度か。

最初は慣れない自分のミスだと思っていました。しかし、明らかにカーナビ起因だったりすることが分かってきたので、New V60 購入検討中の方向けに一応シェアしたいと思います。

主な不満点は、

  • 見ずらい。
  • 右折左折指示を適切なタイミングで行なってくれないまたはない。
  • 住所を詳細に入れたり、施設名称から目的地を選んでもナビが途中で終わってしまう。

です。まずは見ずらさから。


国産からの移行組には見ずらい?

僕は度々ここで「父親のおさがりの V70 に昔乗っていた」とVolvo 好きをアピールしてきましたが、実はこの New V60 の前は国産車(トヨタ)に乗っていました。

トヨタの純正カーナビは Volvo のものとは形が真逆で横に長く、走行中の道路だけでなく周辺施設などの情報が一目で分かる機能的なものでした。

ちなみに日産にも昔乗っていた時期があるのですが、日産も横長で機能性は良かったです。

自分が国産の横長タイプに慣れていることもあると思うのですが、この Volvo の縦長スクリーンがどうしても見にくく慣れません。一言でいうと窮屈なんですよね。

「縦長やから結構先まで見えてええやん?」って言われそうですが、例えば道を曲がるとそれからは車が右へ向いて走行する表示が続きます。必然的に横狭なカーナビは見える範囲が狭まるのです。

【抗菌・ 抗ウイルス】DENSO カーエアコン用フィルターDCC1001 (014535-0820) ※車種適合確認要

「縦長の意味ないやん」と呟いたのは言うまでもありません。かと思ったら急に向きが変わったりもします。また、2D、3Dと表示を変更出来ますが、どちらが見やすいかもよく分かりません。

タブレットのように指でピンチ操作をし、ディスプレイを拡大・縮小も出来ますが、その表示内容も横幅が狭く文字表示に限度があるためか、なんか中途半端なんです…。

運転手はハンドル前のディスプレイにもナビが表示され、そちらの案内の方が確実で分かり易いですが、助手席からはセンターディスプレイで確認するしかありません。方角が変わった際のディスプレイの表示変更も気まぐれで、場所を探すのに運転手をサポートするのはなかなか骨が折れる作業かと思います。

ちなみにナビの表示に関しては納車の際、ディーラーさんもあまりよく分かっていなかった様子でした(新タイプのようだからです)。

あと、発進の時に今どこを向いているのかめちゃくちゃ分かりづらくて間違うこともしばしば。

クレーマーみたいになってきましたのでこのへんにしたいですが、国産車のナビに慣れていた者には少し違和感を感じるつくり(見た目)かなと。

(この記事の最下部に Google Map とおすすめスマホホルダーを使っての対応方法を乗せています)

右折左折指示が時々飛ばされる/遅れる

「えっ、ここ曲がるんちゃうん?ナビ何も言わへんけど。あれ?通り過ぎてへん?」

「(ナビ)まもなく左方向…」

「うーわ、もう過ぎてるやんか」

このしくじり、特に国道などで高速走行している時に多く、高速道路上でも1回降り損ね(数十メートル前の降車指示がなく)、1回は間一髪自分で気付いて合流出来ました。

「お前がよく見てねーからだろ」と言われそうですが、その通りです。国産車ナビのように手前で再度アナウンスしてくれるものと考えてはいけないのです(してくれないことが多いです)。

数百メーター前から1つ前のアナウンスをもとに、自分で注意深く左折右折ポイントを見極めないと、ナビのアナウンスが GPS に追いつかず、「アナウンスがされない/遅れる」状況にでくわします。

さらに、Volvo のカーナビは GPS が少し弱いのか、走行しているポイントが地図上では実際より少し遅れることが時々あります。分かりやすい道であれば問題ないですが、右折左折ポイントが短い感覚でいくつか続く場所では注意深く見ていても「どっちだ?」となることもしばしば。

電灯のない夜の田舎道とかなると、半端ないです。



Google Map の方が確実

これも最近よくあることですが、番地まで入れて住所登録したにも関わらず

「案内を終了します」

と、場所に着いていないのに職務放棄することがよくあります。先日は田舎のキャンプサイトへ行くのに、ナビが表示した施設名称から行き先登録しましたが、山道の大きな大木の前で「目的地周辺です。案内を終了します。」とさよならされてしまいました。

ちなみに Google Map のナビゲーションはきちんと目的地まで連れて行ってくれました。

先ほどナビの案内の時間的ズレや走行中の車のポイントが地図上で遅れていることを指摘しましたが、Volvo のカーナビ用 GPS は少し機能的にどうなのかな?とユーザーとして感じます。

ちなみにこの新型純正ナビは郵便番号入力が不可で、住所から目的地を設定する場合、住所をフル入力する必要があります。ん〜、それもちょっとな〜。

これら3つの不満点は友人といる時にも遭遇し、彼らも「これはダメだろ」と言っているのでそんなにズレた感覚だとは思えません。

自分が車に不慣れかと問われれば、それは否定出来るレベルだとも思います(4t ダンプやユニックも乗っていましたし、そこそこ遠出もします。あと免許とって以来十数年ずっとゴールドです)。

なので、Volvo New V60 に付属の純正カーナビは、国産車からの移行組の僕には「ちょっとクセがあるな」というのが3ヶ月乗ってみての感想です。あくまで個人的な印象ですが。

もうちょっと慣れて彼女(カーナビ)のことをよく知りたいと思います。

ちなみに僕がサブ機として導入して、現在カーナビより使用頻度が高いのが、こちらの車両アクセサリータイプ携帯ホルダーです。

【令和進化版】DesertWest 車載ホルダー

¥2,000ちょいと値段もお手頃な上に、どのような場所にも装着可能ですので、こちらに Google Map で行先設定したスマホを置き、アナウンスに従って遠出しています。

はっきり言って、純正カーナビより使い勝手は良いです。 

*** Volvo New V60 の全情報をまとめたページを設けました。よろしければお立ち寄り下さい。↓↓↓

LINKVolvo New V60 の全て