スウェーデンに滞在中、大学院の活動や自分が所属していたスタートアップインキュベーターのイベント等を通し、たくさんのベンチャー起業経営者と話す機会がありました。

僕が行く前からすでにスウェーデンに魅了されていた理由3でも触れ、実際彼らと話して感じたことは、本質的にスウェーデンという国が全ての人に起業し易い環境を提供しているということでした。

僕が会ったスタートアップ経営者は首都近郊だけでなく、反対の場所に位置する西側や南側の人も多かったので、ストックホルムという都市区切りでなく、スウェーデンとして国単位でそれが実行されていると言えると思います。

そして、これは単純に国が規制改革や起業プロセスの簡略化だけで実現されたのではなく、失業時の国のセーフティーネットやサポート等様々な要素が複合的にこの社会を作り出しているのだと思いました。

それでは実際にいくつかのファンファクトを見ていきましょう。


ビジネスに最適な国の1つ

2016 Ranking

2017 Ranking

Forbes が2016年に発表した Best Countries for Business でスウェーデンは1位を獲得しました。2017年のランキングでも4位につけそのビジネス環境の良さが伺えます。しかし、実は2006年のランキングでは17位と先進国の中でもパッとしないポジションに甘んじていました。

過去10年にこれだけ飛躍的に順位を伸ばせた主な理由は、相当な規制緩和を様々な産業で行なってきたことにあります。結果として、外資からの投資も盛んになり国全体の経済発展を遂げることに成功しました。先ほどの2017年の Forbes のランキングを見ると、

GDP成長率:3.2%
1人あたりのGDP:$51,600
貿易収支:4.5%
人口:1,000万人

と、少ない人口にもかかわらず高いGDP成長と貿易黒字を実現していることが分かります。さらに、1人あたりのGDPもTop4の中でずば抜けて高く、非常に効率的に経済活動を行なっています。逆に何で1番じゃなかったのでしょうか?

イノベーションリーダー

European Commission が毎年発表している “European Innovation Scoreboard”で、スウェーデンは過去2年(2016、2017)連続で1位に輝いています。イノベーションを起こすポテンシャルの高い技術には国をあげておしげもなく投資を行なう風土があるようです。

実際、スウェーデンは Skype、 Volvo、 SAAB、 Ericsson、 Electrolux、 IKEA、 H&M、 Pharmacia、Astraなど多くのユニークな技術やビジネスモデルを持ったグローバル企業を生み出してきました。

テックハブへの進化

近年この投資は特にテック系スタートアップに集中的に投入され、Nordic Web によれば、

 140億ドル → 54%

(2016年、140億ドルがストックホルムをベースにしたテック企業に投資されました。これは2015年比で50%も増えたことになり、さらに全北欧で投資された額の54%も占めることになります)

 

 247 → 35%

247のストックホルムベーステック企業が資金調達に成功し、その合計調達額は全北欧でされた投資の35%を占めました)

その結果、ストックホルムは人口あたりのテクノロジースタートアップ企業創出数でアメリカ・サンフランシスコに次いで2位になりました(2016 the Nordic Web 調べ)。

近年、ヨーロッパではストックホルムはテック系スタートアップの中心地として認識され、多くのIT技術者やテックフィールドで起業したい人がチャンスを求めて集まる場所になりました。

現在、ストックホルムだけで20,000を超えるスタートアップ企業が存在します。


 

  • Silicon Valley: 63 Unicorns
  • Beijing: 23 Unicorns
  • London: 17 Unicorns
  • New York: 11 Unicorns
  • Stockholm: 7 Unicorns (Skype, King, Spotify, Klarna, Avito and Mojang)
  • Berlin: 4 Unicorns

スタートアップエコシステムの拡充

コーワーキングスペース&インキュベーター
SUP46(2013)、Knackeriet(2014)、Epicenter(2015)、Things(2015)、H2 Health Hub(2016)、Stockholm Fintech Hub(2017)

 

スタートアップイベント
Sthlm Tech Meetup(2013)、STHLM TECH FEST(2014)、Symposium(2015)

 

スタートアップ関連メディア
#sthlmtech(2013)、Swedish Startup Space(2014)、breakit(2015)、DI Digital(2016)、#movetostockholm(2016)



 

ストックホルムのスタートアップシーンが今非常に熱いもう1つの理由として、彼らをサポートするエコシステムが拡大していることを忘れてはいけません。

ベンチャーキャピタル、インキュベーター、アクセラレーター、コーワーキングスペース、教育機関、エンジェルネットワークの数が毎年増え、さらに元々スタートアップ対個々の機関という関係だったものが、プロジェクトやイベントを通しスタートアップサポーター同士がコラボして強い結びつきを持つようになりました。

そこに大学や政府機関内のベンチャーサポーターが手を貸したりと、文字通り産官学でストックホルムのベンチャーシーンを盛り上げようとする取り組みが見られ、結果として強固なスタートアップエコシステムが形成されました。

僕は度々スタートアップ系のイベントに出入りしていたので、このあたりは実際に目で見ましたし肌で強く感じていました。本当に盛り上がりが凄いのと、競争競争で誰かを蹴落とすのではなく全体的にボトムアップしようぜ感が強かったです。

現在スウェーデンで最も主要とされているセクターはフィンテック、Eコマース、ヘルス&フィットネス、メディア、セールス&マーケティング、そしてリクルートメントと定義され、これからもっともっとこれらのフィールドに資金が投入されていくことが予想されます。

将来不安がないこと

現地で出来たスウェーデン人の友人と過ごす中で僕がずっと感じていたことは、大企業への就職志向が彼らは低いということでした。日本では大企業勤めする理由はもちろん人によって異なりますが、やはり金銭的安定を求める方も多いと思います。

これは単純に給料・ボーナスだけでなく、社会保険等の福利厚生面で安定しておきたいことがあるかと思いますが、スウェーデン人はこの点を考慮する必要がそもそもありません。

なぜか?これは 僕が行く前からすでにスウェーデンに魅了されていた理由4 でもお話ししましたが、国が社会保障を一元管理しているため、大企業で働こうがベンチャー企業で働こうが、働く先の規模で受けられる社会保障の内容が変わることがないからです。

つまり将来心配することが金銭的にもそもそも少ないため、何かにチャレンジし易い社会環境がそこにはあるのです。当然失敗しても日本のように全てを失うことはありません。

経済的側面と社会的側面がバランスを保たれていることが、スウェーデンを起業聖地に変貌させたのかもしれません。