スウェーデンの政治の中心である国会議事堂(Sveriges Riksdag)は、首都ストックホルムにある旧市街地(ガムラスタン)にあります。

一般的にどこの国の国会議事堂も、その造りはとてつもなく豪勢で壮大な印象がありますが、スウェーデンも負けていません。

北欧建築の名に恥じないすさまじい外観をしており、まさに要塞、北欧のミナスティリス(でた!)!

LINKまるで要塞のようなストックホルムの通りと黄金のトンネル

将来スウェーデン観光される方々は要チェックの場所です。

 Sveriges Riksdag

【誰でも美しく撮れる】Sony RX100M7(高級コンデジ最高峰)

スウェーデンの国会議事堂(Sveriges Riksdag/Parliament House)は、同国が誇る観光地区ガムラスタン(旧市街地)の、まさに入り口にあたる場所にそびえ立っています。

そんな地理的理由から、

「ここはガムラスタンへと続くゲートなんだ … 」

と、僕は初めて訪れた時勘違いしていましたが、それよりもっとすごいものだったんですね。

メインビルディングとは関係ない場所を通りますが、やはり大事な場所ということもあり、警備はかなり厳重にされているという印象があります。



 要塞

市街地からガムラスタンを目指し南へ下っていくと、突如ロードオブザリングに出てきそうな要塞が現れます。

このビル全体がどうやら国会議事堂のようで、ここでスウェーデンのユニークな政治体制が議論されているのかと思うと、すごい場所に来たんだという気になります。

どうしてわざわざ夜間の写真にしたかというと、街灯がキレイでロマンチックだっただけの話です。昼間に訪れてももちろん素晴らしい建築物が見られます。

いや、むしろ北欧建築をカメラにおさめたい方は、昼間の方がその詳細を撮影することが出来るでしょう。

門をくぐった内部は360°全てが彫刻のようなつくりになっており、夜間はそれらが明かりで灯され、なんとも言えないほど幻想的な雰囲気につつまれます。

ドラクエの洞窟や塔の中に潜り込んだように気さえします。

とてつもなく美しい建物で(通行はもちろん無料)、徒歩で市街地からもアクセス可能ですので、ストックホルムご訪問の際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【誰でも美しく撮れる】Sony RX100M7(高級コンデジ最高峰)

【Sony 純正】シューティンググリップ VCT-SGR1

 

*** ストックホルムの観光に関する専用ページを設けました。***

リーズナブルに北欧文化を味わえる旅情報を、スウェーデン大学院留学経験者が徹底ガイド。

LINK現地で行なう旅の準備に関するページ

LINK【必見】ガイドブックには載っていないストックホルムの穴場情報ページはこちら