なんだろう、この駅に降り立った瞬間、僕は何とも言えない気分になりました。

センターに衝立が存在しない、見晴らしの良いプラットフォーム。

霞みがかった白色の天井や壁が果てしなく続き、そこに継ぎ目のない電光が途切れることなく光を発しています。

極限までシンプルに作られたこの駅が、他とは全く違う雰囲気を持っていたからか、すごく良い居心地がしたんです。

それが地下鉄 Green Line の Bagarmossen Station です。

 Bagarmossen

Bagarmossen はストックホルム市街地から南へ行った、住宅街にある Green Line の駅です。

僕もこの駅に来た時は辺りを散策してみましたが、郊外にある住宅街ということもあり、特段目立つものがない場所でした。

どうしてこんな何の変哲もない場所(駅)に、Stockholm Subway Art を代表するアートが設けられたのでしょう?

それはこの駅の歴史と関係があるようです。

 取り壊された旧駅

Photo: Wikipedia

Bagarmossen Station は、ストックホルム地下鉄駅の中で、唯一の閉鎖を経験した駅でした。1958 年にオープンしたこの古い駅は、当時 Green Line 17 番の終点駅として地上界に存在しました。

その後 1994 年に地下鉄ラインが南方 Skarpnäck へ拡張されるのにともない、この駅は地下へと新たに移動(新設)されたのでした。

この新設された駅をデコレートするアートは、この場所を表現するものではないとアートガイドの Marie Andersson さんは言います。

しかし、そのデザインは Marcus 氏の作品の特徴でもある “継ぎ目のない色の変化” を採用しているのだそうで、時代が変化しても形を変えて続いている Bagarmossen の駅を象徴しているのかもしれません。



 Seamless Transition

実際の Bagarmossen Station は、写真よりもやや薄暗いため、プラットフォームの壁に彩られたシームレススクリーンの色の変化が、独特な雰囲気を醸し出しています。

数秒に一度変化していくスクリーンの色が、まるで時勢(時の流れや変化)を表すかのごとく、なめらかで時に豪快で。アートの奥深さを感じます。

冒頭で言った居心地の良さは、この何もないプラットフォームに、両サイドにスクリーンという Less is More さが自分の心に響いたのかもしれません。

Stockholm Subway Art はゴツゴツした岩に、割と奇抜なアートが描かれていることが多いため、このような単純なデザインは逆に見る人を魅了します。ギャップ効果というやつですね。

皆さんも目の保養に訪れられてはいかがでしょうか?

*** ストックホルム地下鉄アートの全駅一覧をアップしました。皆さんのお好きなデザインはどちらですか?ご意見お待ちしております。

LINKストックホルム地下鉄アートの全て