「スウェーデン人て裸になって芝生の上で寝るの?」

というわけの分からない質問を知人にされたことがあります。

「スウェーデン人はビーチ以外の公共の場でも、服を脱いで水着になって日光浴するの?」

をだいぶはしょった質問だったようですが、確かに夏になると日本では考えられないほど、色んなスタイルで人々が寝そべる様子が見られます。

これはあくまで感覚でですが、他の北欧3国へも夏の間に各国3〜4回ずつ行きましたが、水着になって公園などでガチ焼きしている人は、スウェーデンほど見かけなかった印象を持っています。

どうしてスウェーデンだけが … は紐解くことは出来ませんが、その様子を見ていきましょう。

 長い冬の終わり

スウェーデンの冬は一般的に11月頃から始まるとされていますが、日本人の感覚では10月から既に始まっています。

10月後半頃にはダウンジャケットの着用が必要になったり、雪が降り始めそれは5月後半ごろまで続いたりします。

冬の間は日が昇るのが遅く日の入りが早いため、日照時間は非常に短いです。

さらに、どんより曇り空が続く秋頃は本当に気分が落ちまくり、雪の日は一面が白色化するので曇り空ですが「まだまし」となるレベルなのです。



 日光浴の達人

そんな長い冬が終わると、人々が太陽を欲するのは動物として自然な流れ。

公園の芝生やベンチなど、色んな場所で寝転んでは日光不足な体にエナジーを補充していきます。もう日光浴の達人ともなればシートなど用意しません。

Tシャツが汚れようが、日光を浴びることの方が重要なのです。

そして、知人が聞いてきたように、都会の大通り前であっても服を脱いで水着姿でひなたぼっこする人の姿もあちこちで見られます。

我々アジア人からすると「海でもないのに恥ずかしくないの?」となるかもしれませんが、若者からお年寄りまで水着姿の人はいます。

これも文化の違いの1つだと言えますね。

僕も When in Rome(郷に入れば郷に従え)の教えを守り、公園や丘に登っては服を脱いでよく焼きまくりました。

あちらの紫外線も強いです。1〜2日で丸焦げになり、「スウェーデン行ってました」と言っても信用されないくらい日焼けしてしまいます。

今後勉学やご旅行で行かれる際は、勇気を出して服を脱ぎましょう。ニヤニヤ見て来る人はスウェーデンではいないので安心です(見るのはだいたいアジア人)。

*スウェーデンに留学・ワーホリ・移住予定の方向けの、スウェーデンの生活にまつわるページを設けました。子育て、教育費、給料、税金、不動産売買、などなど包み隠さずお話しています。見て損はさせません。

LINKスウェーデン留学・ワーホリ・移住予定者必見のページはこちら