スウェーデンの首都ストックホルム。

観光ガイドブックには載っていない穴場が市街地や郊外に点在し、全て網羅するには10年位かかると1年しか滞在していないスウェーデンマニアは思うわけです。

今日ご紹介する Haga Park という場所もそんな知る人ぞ知る場所の1つで、数年前に地元の友人が “散歩” に誘ってくれた場所です。

広大な湖のほとりを歩いたり森の中でうさぎと戯れたりと、散歩と表現するにはあまりにも贅沢な場所でしたので、現地へ赴いた際は是非チェックして頂ければと思います。

 Haga Park

Haga Park はストックホルム郊外カロリンスカ研究所の北に位置する、The Royal National City Park の一部でいわゆる穴場中の穴場のような場所。

広大な湖を囲んで、王室の住む宮殿やイギリス調の庭園が見られる、ハイブリッド型観光スポットです(勝手に名付けました)。市街地からは少し距離がありますが、歩いて行くのは十分可能です。

最寄駅の Solna  Station からは徒歩数分の場所なので、アクセスは良好です。



 市内最大級の湖

このエリアに足を踏み入れるとまず目に飛び込んでくるのが、National Park 全域に広がる大きな湖。

あちこちにボートが並べられ、こちらから海の方へとクルーズを楽しんだり、埠頭のような場所で騒ぐ若者の姿が見られます。

そして湖自体が周囲を木々で覆われており、公園(Park)というよりは森に囲まれた “湖” と表現した方が良さそうな場所です。

【コンパクトカメラ最高峰】Sony RX100M7(高級コンデジ)

【Sony 純正】シューティンググリップ VCT-SGR1

 最高の散歩&ランニングスポット

Park 内には英国調の庭園や王室の宮殿があるので観光客が多そうな気がしますが、ここはむしろローカルの人々がスポーツやジョギングを楽しむ落ち着いた場所という印象です。

【散歩の必需品】Thermos 真空断熱水筒

公園内の建物は王室が住む関係で撮影禁止のものが多く、防犯カメラがあちらこちらで見張っています。

森のような雰囲気を持ちながらも見張られている感が、何とも言えない今まで味わったことのない不思議な気持ちにさせます。

この場所を教えてくれた Viktor はよくここを訪れるそうですが、ぶらぶら歩くだけで1時間近く散歩することが出来るので、ストレスリリースにはうってつけの場所なんだとか。

僕自身ここはストックホルムで Top 3 に入る散歩コースだと劇推し出来る場所です。