テックスタートアップブームが起こす負の現象の1つとして、不動産価格の急騰をはじめとする生活コストの上昇があることを前回お話ししました。

LINK【シアトルのテントシティーから見る】テックブームが壊す社会の実像

スタートアップの聖地、アメリカシリコンバレー・西海岸エリア、そしてそのブームが北上しかつては全米有数の住みやすい街として知られたシアトルに巻き起こり、人々の生活を壊し始めているのです。

シリコンバレーなどと同じく、中心街ではスタートアップ関係者らが新たなビジネスの創造に湧き上がる一方、家賃価格の急速な値上げにより家を失い ‘仕事があるにもかかわらず’ ホームレスとして暮らしている ‘テントシティ‘ の人々の状況は異質でしかありません。

しかし、今現在も IT スタートアップのブームは勢いを増し、新たなビルの建築などはあちこちで起こっている状況のようです。シアトルに拠点を置く IT 関連メディアの GeekWire によれば、シアトルのIT スタートアップの数は既に1,000を超え、それにともない IT 関連の雇用も2005年の88,000から2015年には138,000に増加したようです。

とりわけ、ソフトウェアエンジニアの求人は急増しているとミネソタ大学の調査でも報告されています。

このようにテックブームがシアトルで巻き起こる中、Seattle Times のレポートでは住宅価格が過去5年で66%も上昇した事が分かりました。さらに、2015年9月から2016年9月の上昇率はわずか1年間で11%を記録し、全米一になりました。

しかしなぜこのテックスタートアップブームがニューヨークやロサンゼルス、シカゴなどの他の大都市へ向かわず中規模都市のシアトルへ向かったのでしょうか?


名門校の存在

Photo: https://www.dropbox.com/s/5w9zprdz5awcjo4/Screenshot%202018-03-10%2010.57.37.png?dl=0

この理由は単純で、シアトルに有能な IT エンジニアがたくさんいたことが挙げられます。そしてその一役を担っているのが名門ワシントン大学の存在です。

ワシントン大学は数十年にわたり世界トップ 校(トップ30位以内)として数々の世界大学ランキングに登場する名門中の名門校です。

なかでもコンピューターサイエンス分野の修士課程では世界6位に位置づけ(US NEWS のBest Graduate Computer Science Programs)、これは他の名門校プリンストン大学(8位)、ジョージア大学(9位)、ハーバード大学(18位)よりもランクが高いことを意味します。

当然、将来的に IT 分野に進みたい学生がワシントン大を選び(シアトルに移り住み)、結果的に世界最高の IT 教育を受けた若い人材がシアトルに多く存在することとなりました。

そして今すぐにでも IT 人材が欲しいテックスタートアップ達にとって、シアトルは人材確保の側面で ‘量’・’質’ ともに最良なロケーションとなったのです。

しかし、前述した通りシアトルは現在スタートアップにとって最も起業するのにコストがかかる街と化しました。この流れを受け次にブームが向かった先がさらに北上したカナダ・バンクーバーです。

世界で最も住みやすい街

バンクーバーは過去数年何度も世界で最も住みやすい街に選ばれたカナダ西海岸の都市です。

街の特性はシアトルにかなり似ており、海と山々に囲まれた緑豊かな風景が見られ、国際色豊か、治安も良いと、観光名所こそ少ないもののシアトルに負けず劣らず住むのには最適な街で知られています。

バンクーバーとシアトルは車でひとっ走りすれば2〜3時間で着いてしまうほどの距離で、実際バンクーバーの人々は日用品が安いためにシアトルへ日帰りで買い物に出かけたりします。

僕自身バンクーバーには長期滞在した経験があり、僕より前に Kao-P もこちらの街に留学していました。彼女(Kao-P)の紹介にも書いたようにバンクーバーはカナダでありながら人口の約半分がアジア人でとりわけ中華圏からの移民が多く街の至るところに中華料理屋があります。

その1つの理由して、1999年に香港がイギリスから中国へ返還されたことが挙げられます。多くの市民がそれに反対しバンクーバーへ移り住んだ経緯があり、それゆえに「えっ、ここ本当にカナダ?」と感じる程中華系の人々が多く ‘ホンクーバー‘ と揶揄される程です。

ここ数年現地の友人達と連絡を交わす際に必ず話題になるのが、現地の不動産価格の上昇です。ほぼ全ての友人が大家からアパートの家賃の値上げを強いられそれまで住んでいたバンクーバー中心街から近郊都市へ引っ越しせざるを得なくなっているのです。

しかし、その引っ越したバーナビーやサリーなどの近郊都市でも不動産価格が上昇しており、年々生活コストが上昇していると本当にたくさんの友人から聞きました。

バンクーバー中心街では都市開発によりオフィス賃料が上がり、それにつられ物価も上昇、さらに固定資産税の上昇が決まりその補填で商品価格や賃料の値上げが発生するインフレスパイラルがシアトル同様起こっているのです。

なぜバンクーバーが?




バンクーバーではこれまでも不動産価格の急激な上昇が問題になっていたのですが、その主な原因は中国人富裕層(移民)の土地、ビル、アパートの青田買いが原因とされていました。街の一頭地には無数のガラス張りコンドミニアムが立ち並び、中国人オーナーが投資目的で建設したものも数多くありました。

実際、数十階建ての豪華なコンドがあるにもかかわらず入居者は数名ほどで、明らかに価格上昇を狙った投機目的の不動産投資であることは誰の目にも明らかでした。

現地の建設業界に詳しい(に従事する)カナダ人の友人の話では、バンクーバーの一頭地でコンドミニアムの建設ともなれば一棟あたり数十億円かかるようですが、それらを複数等同じオーナーが所有するなど圧倒的な資本力を持つ中国人移民が幅をきかせてきました。

しかしそこに加わる形で巻き起こっているのが、バンクーバーのテックブームによるさらなるインフレです。近年、シアトルが全米有数の ‘高い’ 街に姿を変えたことで、IT 起業家達がそこからほど近いバンクーバーへ拠点を移すようになりました。

もちろん同じ英語圏ですので移住は簡単です。前回お話したシェアメイトのティファニーも「IELTS を受けて英語能力を証明するだけで移住出来たわ」と言っておりました。

アメリカ人にも英語能力の証明に IELTS を要求する所に驚かされましたが、とにかくシアトルからバンクーバーへの移住は容易なのです。ちなみにティファニーの IELTS の結果は Overall 8.5だったようです。

弱い経済が IT 起業家を惹きつけた?

またバンクーバーには UBC(University of British Columbia)という世界トップ校とSFU(Simon Fraser University)という大学があり、どちらもコンピューターサイエンスには定評があり有能な IT 人材を輩出しています。

無論、この状況もシアトルのワシントン大学が IT エンジニアを豊富に抱えることと同様、テックスタートアップを惹きつける大きな要因になっています。

“Vancouver is no doubt becoming a world-class technology hub. “

これは北米スタートアップ市場でここ数年言われ続けた言葉であり、僕がバンクーバーのスタートアップイベントに最後に参加した2014年と現在では比べ物にならないくらい数が爆増している様子です。

バンクーバーはもともと経済にはそれほど強くない街でした。多くの大企業はトロントなど東側の都市に本社を構え、バンクーバーは観光、ESL (英語留学)、不動産など外国マネーで成り立っていた一面がありました。

それ故に、カナダ政府もバンクーバーで起業する IT 人材には比較的容易に労働許可を下ろす面があったようで、これがまたこの街でのスタートアップブームに拍車をかけ、結果的にバンクーバーが北米有数のテックスタートアップハブとして栄えるようになりました。

東の大企業群と西のベンチャー群という構図の完成です。

IT ジャイアントが注目

さらに、ベンチャー企業だけにとどまらず既存の IT ジャイアントもバンクーバーへ進出する流れが生まれています。Microsoft は昨年 IT 人材を確保する目的でバンクーバーにタレントプールを創ることを決めました。

また、Facebook も第2オフィスの開設を決め雇用の創出に期待がかかります(第1オフィス開設時は150人を採用)。

Why Vancouver, you ask? For one, it’s close to other Facebook offices, including the main one. Secondly, it’s a great tech hub that is known for attracting top talent. Third, and most importantly, the reason it is planned for a one year period, is because that is approximately how long it takes to get a United States work permit.” Facebook

とにかく、北米のテック分野ではバンクーバーがリーディングハブに変わりつつあることが認識され、さらなる IT 分野での大企業とスタートアップの流入が予想されているのです。

しかし、残念ながら「やったぜー!」と思えるのは IT 分野に進んだ学生や労働者、政府のみで、地元民は予想されるさらなる物価上昇に懸念を示しています。

もう説明を必要しないと思いますが、IT 企業の収益性は他のどの分野よりもずば抜けて高いことで知られています。例えば、営業利益率が10%を超えれば超優良企業である製造業に対し、20%を超えているテック企業も珍しくありません。

結果その高い収益性があるために、一頭地のべらぼうに高いビルにオフィスを構えることも可能で(それがまた IT 人材を惹きつける)、このような状況を不動産会社やデベロッパーが見過ごす訳もなく、都市開発の増加やオフィス賃料の上昇でバンクーバー全体の不動産価格が押し上がっているのです。

現在バンクーバーは北米随一のテックハブであると同時にニューヨークにもひけをとらない北米で最も高い都市の1つとなりました。

僕は過去4年間ほぼ毎日バンクーバーの友人とはメールでですが連絡を取り合っており、毎年別の友人とも日本で会って情報交換していますのでこれらの情報は現地で調達したと言っても過言ではないと思います。

近年バンクーバーはこの他にも様々な経済問題を抱えており、1つはカナダとサウジの外交摩擦によるドル箱サウジ留学生の減少(ESL ビジネスの成長鈍化)、近隣都市の山々からオイルを運ぶパイプラインの建設プロジェクト(反対が多く実現出来ていませんがすれば増税の可能性あり)などなど地元民の暮らしを圧迫するような課題が、スタートアップブームで起きたインフレ現象以外にも多数あります。

今回テックスタートアップブームが及ぼす負の側面を話したくてこの記事を書きましたが、バンクーバーに留学を考えている方々にもお読みいただければと思います。