スウェーデンの友人達の生活を見ていると(SNS)、ミッドサマーを終え、いよいよ夏が始まり出したという感じ。

スウェーデンでは、大学の授業も6月前半で終わり、6月後半から夏のアクティビティが始まります。

僕の友人達も車で遠方の島へ出かけたり、早くも水遊びを始めた模様です。

僕もスウェーデンや北欧諸国へ行くと、必ず水遊びに出かけるほど海が好きです(山も好きです)。

そして、その海へ行くと必ず見かけるのが、北欧男児の憧れヨット。

彼らと話していると、生活におけるヨットを所有することの優先順位が、日本人のそれよりもはるかに高いと感じることが多いのです。

 ヨットが映える北欧

まず僕のヨット所有欲は低いです。

車を所有するだけでも大変なので、そんな余裕は色んな意味でありません。

しかしそれでも「カッケー」と思ってしまうのは、北欧の街でヨットに乗ることの爽快感が、他とは若干異なるからかもしれません。

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)

スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、デンマーク、総じて言えるのは、あの北欧建築が見える中を、海に出ていく快感は他国では味わえないだろうということです。

僕もスウェーデンでヨットを所有する知人に乗せてもらいましたが、「なんだこの快感?」と気が動転するくらい、景色が凄まじく美しいのです。



 一体感を感じる遊び

辺りにはヨットで水上散歩する人達だけでなく、SUP(スタンドアップパドルボード)で遊んでいる人達や、水際で日光浴する人々など、思い思いに水遊びに興じる人達で溢れます。

おかしな表現ですが、何となく一体感を感じてしまうのです。

しかし、その中でもやはり目立つのはヨットクルーズするグループ。

僕も乗せてもらっていた時は、岸辺から視線を感じていました。

その視線は絶対に僕には向いていませんでしたが、高揚感からスーパーキメ顔になっていたのは間違いありません。

今思い出すと、凄まじく気持ち悪いですが、優越感に浸れた瞬間でした。

【ソニー史上最高の名機】α7SM3(動画や夜景に激強)



 Less is More との矛盾

そして毎回感じるのが、「あれ?Less is More 文化とか言ってなかったっけ?」という疑問。

僕の友人達は車や住まいを所有している人が多く、ヨットについての所有願望も高い人が多いです。

特に男性。

人によっては、「分譲マンションや車よりも、ヨットを所有して友人達と夏を楽しみたい」と答えたり … 。

スウェーデン人にとって夏が特別だからか、可能な限り充実させたいと誰しもが考えます。

そして、それにうってつけなのがヨットなのかもしれません。

北欧を旅行した際に行うアクティビティの1つに、クルーズ船またはヨットでの水上散歩を加えてみてはいかがでしょうか。

僕も早く戻りたい!スウェーデン!

 

*** ストックホルムの観光に関する専用ページを設けました。***

リーズナブルに北欧文化を味わえる旅情報を、スウェーデン大学院留学経験者が徹底ガイド。

LINK現地で行なう旅の準備に関するページ

LINK【必見】ガイドブックには載っていないストックホルムの穴場情報ページはこちら