さていよいよ日本を出国しいざ念願のスウェーデンに到着です。

僕は関西在住でしたので、

(自宅) → 関西の空港 → 羽田 → ドイツ → スウェーデン →(ウプサラ)

のかなりの長旅となりました。合計で20時間超えです。さらに到着が夜中の12時頃(実際はフライトが遅れて1時)とクタクタになっていることが予想されました。

生気にみなぎっていた20代であれば空港のシートで朝まで暇つぶしも可能でしたが、なんといってももうミドルです。睡眠不足では足元もおぼつきません。

大事をとって空港近のホテルで宿泊することにしました。

知らない国でバタバタ動かないこと

アーランダ空港界隈にはホテルがいくつかあります。しかし、いったん空港の外に出ると非常に入り組んだ施設構造の為、徒歩では意外に迷います。

バスで行けるホテルもありますが、個人的な経験では土地勘のないうちは夜中にバタバタ動かない方が身の為だと思います。

スウェーデンがいくら安全な国といえども犯罪がないわけではありません。女性の方は特に用心に越したことはないでしょう。

ちなみに空港のシートも基本的には埋まっており、同じく朝まで時間を潰す渡航者や旅行者が多いです。あと、数シートを占領して寝ている人もチラホラ見ました。

Radisson Blu SkyCity Hotel

色々と調べて僕が選んだ(ベストだと思った)ホテルは空港直結の Radisson Blu SkyCity Hotel でした。

Radisson Blu SkyCity Hotel はスウェーデン国内に展開されているホテルチェーンで、最も有名なホテルです。

もちろん24時間アクセス可能で、文字通り空港内にあるため翌朝もバタバタせず過ごすことが出来ます。

1泊約¥17,000と決して安くはありませんでしたが、いいスタートをきるためにも快眠できそうな場所を選んだので文句も言っていられません。

こちらのホテルは Booking.com で予約したのですが、レビュー通りスタッフも親切で部屋も清潔感がありました。これから半年間浴槽に浸かれないことを思い、必要以上に半身浴しまくりです。

チェックアウトもゆっくりめで、深夜到着、翌日ゆっくりしたい方にはおすすめのホテルです。さていよいよ明日は Arrival Dayです。これから自分が1年間お世話になるアパートのキーを受け取ります。ワクワク、ドキドキ。あんまり期待しないようにしないと。

主な設備とサービス

  • 260 室の禁煙のゲストルーム
  • レストランおよびバー / ラウンジ
  • 朝食
  • 空港シャトル (無料)
  • フィットネスクラブ (スタッフ常駐)
  • 24 時間対応ビジネスセンター
  • 24 時間対応フロントデスク
  • 冷房
  • 毎日のハウスキーピング
  • コンピュータ ステーション
  • セーフティボックス (フロントデスク)
  • ATM / 銀行サービス
  • 無料WiFi
  • ベビーベッド (無料)
  • 可動式ベッド / エキストラベッド (有料)
  • バスアメニティ (無料)
  • ハウスキーピング (毎日)
  • アイロン / アイロン台
  • ヘアドライヤー