“僕が行く前からすでにスウェーデンに魅了されていた理由4” でスウェーデン政府が企業活動を税制面等からサポートしているということをお話ししました。

一方、スタートアップ企業に対してのサポートも同様に、政府関係者による様々な努力が実を結び現在の盛り上がりを見せるベンチャーシーン発展しました。

これはスウェーデン国内のベンチャーシーンが盛り上がることで、次のグローバル企業が新たに生まれ、さらにそこから雇用や歳入の増加が見込まれると政府自身が非常に大局でものごとを考えている証拠でもあると思われます。

政府が取り組んできた数多くのスタートアップエコシステム生成活動の中で、最もユニークで実を結んだものが、スタートアップデベロッパーの立ち上げです。

これは政府が自らスタートアップ育成を目的に組織を立ち上げ、活動を全面的にバックアップするという他の国ではあまり聞かない取り組みになります。

そして、そのデベロッパーの中でも最も有名なスタートアップインキュベーターが今日ご紹介する STING です。

STING

STING – Stockholm Innovation & Growth は現在スウェーデン国内で最も大きなスタートアップインキュベーターの1つです。2002年、エリクソン(企業)、KTH(大学)、ストックホルム市(公的機関)を含む複数の組織が文字通り産官学を飛び越えたコラボレーションによって発足しました。

これまでSTINGは主にスウェーデンテック企業の事業成長、国際競争力の強化、輸出増加などを主なターゲットとして、彼らをサポートしてきました。具体的には事業開発、資金調達、リクルートメント、ネットワークの強化に向けて様々なプログラムやイベントを開催し、サポートするテック企業が外部ともっと連携を深められるよう勤めてきました。

STINGプログラム

STING が提供するプログラムは2種類あります。

 

STING Incubate (シードステージのスタートアップ企業向け)
STING Accelerate (既に数名のチームや製品があるスタートアップ企業向け)

 

過去10年で150社以上のスタートアップ企業に2つのプログラムを提供し、成功するための広範な知識や過去のケースを教示してきました。スタートアップ企業はプログラムを受けながら、経験ある起業家にメンターになって直接指導してもらうことが出来ます。

さらに前述した通り、STINGの持つ巨大なネットワークに仲間入りし、ストックホルムで実際に事業拡大中のスタートアップ企業と共に事業に取り組むことが出来ます。

こちらがプログラムの詳細になります(すみません、訳すのが面倒でそのまま引用しました)。

Program /
content
STING Incubate STING Accelerate
Program duration
  • 6-18 months
  • 4 months (appr. 20 weeks)
Admission
  • 1 company at a time, continuous admissions, start dates three times per year.
  • 12-15 companies are admitted per year.
  • 8 companies at a time, admission 2 times/year.
  • 16 companies are admitted per year.
Industries
  • Internet/media
  • ICT
  • Health
  • Sustainability
  • Internet/media
Focus and content
  • Development of prototype / beta
  • Verification of the market, market testing
  • Pitch training, sales training and sales strategy
  • Attract funding
  • Recruitment / strengthening of team

 

  • Commercial launch and scaling of product / service
  • Faster building of user base and increase conversions
  • Pitch training, sales training and sales strategy
  • Analysis of metrics to adjust and improve results

 

World class coaching and business development
  • 1 individual coach
  • 1 meeting / week (up to 4 hours each time)
  • Training and crash courses within critical business areas.
  • Ability to brainstorm a crucial issue with the whole STING-team
  • Access to “specialist coaches” in e.g. pitch training, CTO coaching, recruitment and PR.
  • 3 coaches in the program
  • Meeting every other week (1 hour) with two coaches on marketing and sales
  • Meeting every other week (1 hour) with a third coach for sprint-analysis and analysis of metrics
  • Role calls. Weekly update meetings where all the companies involved share their knowledge and experiences
  • Access to the “specialist coaches” in e.g. pitch training, CTO coaching, recruitment and PR.
Methodology
  • “Lean Startup” and “Lean Canvas”
  • Entrepreneurs and coach put together a milestone plan which is continuously adjusted during the program.
  • “Lean Startup” and “Lean Canvas”
  • “Fail fast, fail forward”
  • Learning through the exchange of ideas and knowledge between participants in the batch
Support in finding financing and investors Absolutely! We help you to find investors and support you through the whole process.

  • Opportunity to get SEK 300 000 from Propel Capital
  • Access to STING Business Angels
  • Access to STING’s international network of investors.

> Learn more about financing   

Absolutely! We help you to find investors and support you through the whole process.

  • SEK 300 000 from Propel Capital
  • Access to STING Business Angels
  • Access till STING’s international network of Investors.

> Learn more about financing 

Help to broaden your network of investors and business contacts Yes, the same access to the network for both programs. Yes, the same access to the network for both programs.
Help with recruitment of team members Yes, same recruitment support for both programs. Yes, same recruitment support for both programs.
Free office space Yes, in Kista and at THINGS for 6 months. Yes, at SUP46 during the program.
Events and activities A wide variety, including Demo Day and our annual event STING Day. A wide variety, including Demo Day and our annual event STING Day.
”Perks” – fantastic offers from partners Yes, same perks for both programs. Yes, same perks for both programs.
”Graduation” Demo Day Demo Day
Examples of startups that have been through the program Volumental, Watty, Yubico, Videoplaza, Barnebys, Diamorph, Midsummer, Unomaly
> Read more about STING companies here
Relation Desk, Peppy Pals, Poppermost (SNOW), Codarica, Qasa, Sellpy, Mondido
> Read more about STING companies here
Who can apply? You have a business idea that:

  • is based on an innovative technology
  • clearly solves a major problem in the market
  • is scalable
  • has a large international market potential
  • developed by a team of at least two founders who are strong in both technology and business development

Your product/service shouls be ready to launch in 6-12 months.

> Interested? Tell us about your business idea by contacting one of our business coaches 

You have:

  • a product or service that can develop into an international success story
  • some early “proof-of-concepts”
  • a team consisting of at least two founders and is strong in both technology and business development
  • finished prototype / alpha

> Interested? Check out the key dates for the application.

STING TEST DRIVE

STING Test Drive 全てのスタートアップ企業に無料で提供されている実践プログラムです。これまでの参加企業のフィールドとしては IT、メディア、ヘルス&生命科学、クリーンテック、フィンテック、サスティナビリティなどです。ちなみにSTINGが好むチームは男女混合の2〜3人のチームで、性別が偏ってないことが条件とされます。

STING Test Driveのプログラムはセオリーと実践を組み合わせた内容で、ディスカッションやケースを通して見識を高めていく内容になります。熟練した起業家が講義をリードし、全ての講義は仕事後に受講出来るよう夜に開講されます。

プログラムは4つのワークショップから成り立ち、

4 Workshops

WS 1: Startup challenges
– Lean Canvas
– Startup challenges
– Customer segment
– Customer meeting

WS 2: The crying customer
– The crying customer
– Sales
– Value proposition
– Minimum viable product (MVP)

WS 3: Financing
– Financing
– Budget
– Lean in practice
– Team

WS 4: Final
– Pitch final

という内容になっています。 プログラムのミーティングを通し、様々なタスクがスタートアップチーム課され、彼らのコーチと共にそれらに取り組んでいきます。ファイナルワークショップでは自らのプロジェクトをピッチし、”ベストピッチ”が選出されます。

このプログラムは彼らが定めるスタートアップが成長する要員として最も重要な部分(ビジネスモデル、販売戦略、エントリーバリア、国際展開、資金調達、リーダーシップなど)にフォーカスし起業家達を鍛錬していきます。

STING DAY

https://www.youtube.com/watch?time_continue=17&v=wTOho8aiBlI
STING DAY はスウェーデン国内でも最も大きなスタートアップイベントで、主な目的は現地のテックスタートアップと世界中の投資家を結ぶことにあります。イベントには文字通り世界中からスウェーデンのテックシーンに興味のある投資家が集まり、凄まじい盛り上がりとなっております。例えば、数年前は600のスウェーデンで最もホットなテックスタートアップ企業と150の投資家が10カ国から集まったりと、年々その規模は大きくなっています。毎年 STING DAY は5月に開催されますので、チェックを!

2,584スタートアップをジャッジ

2002年の STING 設立以来、

査定されたプロジェクト・スタートアップ数:2,584
公認されたプロジェクト・スタートアップ数:209
うちトータル企業価値:5億2,700万ユーロ
公的機関からSTINGスタートアップに投資された額:1億1,100万ユーロ
民営機関からSTINGスタートアップに投資された額:3億5,800万ユーロ
2015年までに新たに創出された雇用数:1,532人
2015年のSTINGスタートアップのトータル歳入::1億5,500万ユーロ(うち79%は輸出)
外部企業に買収された数:6社

(ソース:STING)

となりました。そして、現在もこの数値は拡大中です。僕は SUP46 での活動を通して STING スタッフの方々と話す機会が よくあったのですが、彼らのフットワークの軽さには驚かされることがよくありました。そして、スウェーデンのテックシーンをもっともっと盛り上げるぞ!という気合いと、スタートアップ企業の活躍を何より楽しんでいるのだな〜と感じることがよくありました。

ストックホルムに行った際は、是非 STING の催し物に参加してみて下さい!